セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年7月に資産500万円でセミリタイアして、海外と日本のデュアルライフを目指します。
現在ネット収入は5000円。働かなくても良い、新しい生活スタイルを実現したい。

北海道電力の原発(泊原子力発電所)は本当に再稼働しなくて良いですか?

f:id:eyasu2008:20180912131735p:plain

久しぶりに時事ネタについて書きます。

昔は、アクセス数やバズ狙いでこのようなトピックの記事を書いていたのですが、最近は全く書かなくなりました。

 

理由は、アクセスやバズ狙いで記事を書いていると心が荒んでいくだけだし、何よりも長期でみた時に費用対効果が悪すぎるからですね。

 

こんかいは、単純に北海道電力株の掲示板を見ていて、自分の意見を言いたくなったので書くことにしました。別にアクセスが欲しいからとか、ポジショントークがしたいからではありません。

 

北海道電力の再稼働について触れる前に、最初に自分の立ち位置と前提について明確にしておきます。

  • 震災後に電力株を購入した長期ホルダー。
  • こんかいの北海道全域が停電(ブラックアウト)した理由は、電力不足が原因。
  • もしも、原発が動いていたら(原発に限らず電力に余裕があれば)、全域停電は防げた(ただし停電する地域はあった)

という前提で論を展開しています。

 

ちなみに1部停電ですが、これはたとえ原発が稼働していても防げないですよね。人口密度が全都道府県で最下位の北海道(67人/km2、東京は6263人/km2)ですから。郊外の過疎地帯が停電するのと、札幌などの大都市が停電するのでは天と地ほど差がありますね。

 

本文に出てくる数値は、Yahooファイナンスの掲示板を参考にしただけなので、間違っている可能性があります。

参考:北海道電力(株)【9509】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

 

北海道電力の株価が下げたら買いたい 

私は震災後に電力株を購入しています。電力は社会を支えるインフラだと思っているので、短期的な売買目的ではなく、10年、20年の長期で保有するつもりです。

 

電力会社に儲けて欲しいので「再稼働賛成派」ですが、再稼働しなくてもどちらでも良いと思っています。なぜならば、原発が再稼働せずに電力コストが増えても、それを負担するのは利用者、日本国民だと考えているからです。

 

私たちに電力を買わない選択肢はないので、10年、20年の単位でみたら震災前の株価に戻ることを期待しています。

 

電力自由化で競争が激化し電気代が安くなると言う人もいますが、各国の自由化を見ればわかると通りその可能性は低いですね。同じ理由で、大手電力会社の影響力が弱まることもないです。

 

電力の生産者は大手電力会社という事実に変わりはありません。安全審査や自然災害のための安全対策や設備投資で費用はかさみますが、全て日本国民が負担することになります。

 

なので、今よりも北海道電力の株価が下げれば買い増ししたいです。

   

北海道全域が停電した理由は、電力が足りていなかったから

こんかい北海道全域がブラックアウトした原因は、電力が足りずにショートしたからです。

 

火力発電は原発よりも災害に弱いので、弱い震度でもすぐに安全停止します。地震に限らずこのようなリスクがあるからこそ、原発、火力、水力、ガスなど発電所を増やしてリスク分散しているわけです。

 

原発を全面停止して以降は、火力に集中しているので大きくバランスを欠いてるわけです。

 

ブラックアウトを防ぐためには、需要に合わせて電力を柔軟に調整し常に余る状態を作らなければなりません。震災以前にベース電源として、安定して電力を供給する役割を果たしていたのは原発ですよね。

 

それが不安定な火力に変わったのですから、当然ショートするリスクは高くなります。

 

2010年震災前の原発の割合は32%、震災後は2%、原発の代わりに電力を埋めているのは老朽化した発電効率の悪い火力です。余力がない状態で発電しているので、こんかいのような地震で、数台止まっただけでショートします。

 

このようなリスクは、電力会社や専門家が原発を止める前に再三言っていたことですよね。しかし、政治家や世論は火力を動かせば電力は足りているという理由で止めましたよね。

 

ちなみに北海道電力は、「電力が足りなくなる」という理由で最後まで泊原発停止に反対を訴えていました。なので、大停電で北海道電力が責められていますが、この事故で最大の被害者は北海道電力ですよね。

 

今後も北海道の電気代は増えるしかない

f:id:eyasu2008:20180912123005p:plain

参考:値上がり続く電気料金、原発再稼働との関係は? | THE PAGE(ザ・ページ)

 

震災以降、電気代は増え続けています。

北海道電力は、電気料金の値上げの理由を火力発電の燃料費が2000億円増えているからだと回答しています。当然ですが、資源を手に入れるために中東やロシアから石油を購入し、船を使い何ヶ月も掛けて輸送し、燃料を精製しているわけですから。

 

この有限な資源を巡って、アメリカ、イスラエルと中東の国々は何度も戦争を引き起こしていますよね。

 

一方で、1ワットも発電していない柏原発の維持費のために年間523億円が使われています。さらに、再稼働による安全対策として2013年に1513億円が投入されました。

 

こんかいの災害を受けてさらに設備投資が必要になりますね。非常時のために本州から電源を送る必要があるとコメントしている人もいるので、本州からの連係線を増強し北海道全域に敷く必要もあります。

 

つまり、電力料金はまだまだ上がる余地があります。

 

 もしも、冬に停電していたらどうなった?

ブラックアウトが起きたのはまだ暖かい時期だったから良かったですが。

 

外の猛吹雪で極寒の中、こんかいの事態が起きていたらどうなっていたでしょうか。北海道ほどではないが、私も冬の寒さが厳しいところで暮らしています。冬に電気が1日でも止まると死活問題ですよね。

 

猛吹雪で外に出れず、家の中にいても寒くて布団から一歩も出られない。日照時間も短い中で何日も過ごすことになります。

 

原発が稼働していたら全域の停電が防げたという前提ですが、11〜4月の寒い時期に地震が発生していても、いまと同じように原発に頼らない選択肢を取れたでしょうか?

 

原発を好き嫌いの感情論ではなく、もっと真剣に考えた方が良いのでは。リスクについては専門家の人が何度も発言していましたね。

 

こういう人は現実が見えていない?

 関電もそうだけど、停電されたら違約金を電力会社から利用者に支払う契約にしないとだめだわな。そうすれば、電力会社が非常電源を整備するだろうし、ブラックアウトなんて事態はおこらなくなるだろう。

空売りしたい人の意見ですが。

 

安全や信頼、リスク分散はタダでは買えないですね。

必要な安全に比例して電気料金は上がります。ああすれば良いこうすれば良いというけれど、電気利用者との折り合いを付けた結果が現在の結果ですよね。

 

電力不足に関係なく節電はした方が良い

政府や電力会社が節電を呼び掛けていますが、これは原発が稼働してもしなくても守った方がいいですよね。

 

日本だけではないですが、電力の無駄に関しては言いたいことがあります。

 

原発再稼働を賛成か反対かなんて気にしているのは国民の2割もいないですが、原発反対と言っている人が、電気の無駄使いをしていると本気でイラっとします。

 

シェアハウスに住んでいましたが、夏になるとリビングに人がいなくても、朝も昼も夜もエアコンは常に全開(電気代は固定費だから)、部屋のトビラや窓が開いていても関係ないですよね。エアコンだけではなく、電気やテレビも同じです。

 

実家の母親は、6月に寒いからと暖房を付け、7月になると暑いからと冷房を付けます。ちょっと寒いと思ったら暖房、ちょっと暑いと思ったら冷房。冬寝るときは電気カーペット、夏に寝るときはエアコン。

 

部屋に誰もいなくても大音量でテレビが付いていることも。

 

こういう人たちが原発再稼働に反対していると気分が悪くなります。ちなみに自分は、夏も冬もエアコンや暖房をなるべく使わないように生活しています。身体は体温を調整する機能を持っているので、冷暖房に頼らない方が身体の調子は良いですね。

  

まとめ:北海道の原発は本当に再稼働しなくて良いですか?

原発を再稼働してもしなくてもどっちでも良いと思っています。再稼働しなければ、その分の電気料金を負担するのは日本国民だからです。正直、どっちでも良いですよね、そこで生涯生活すると決めた人たちが、稼働の可否を決めれば良いことです。

 

ちなみにですが、もしも自分が北海道に住んでいて、このような大規模停電が発生すれば、間違いなく他の場所に移動します。

 

停電がまたいつ起きるかわからない状態で、節電を呼びかけられ、仕事に支障をきたすところで働きたくないですから。しかも、将来的に電力料金が値上がり、生活コスト全般も大幅に上昇しますね。

 

結局のところ、原発を停止することで誰も得はしないですよね。

  • 電気料金の負担が増え、競争力が下がることを避け企業の工場は撤退する
  • 停電のリスクを恐れて、外国資本も逃げていく
  • 北海道で生産している乳製品、野菜が高騰し、全国で外国産を購入する人が増える
  • 生活の利便性が低い上に、生活コストは高いので若い人は本州に移住する

 

菅官房長官や道知事は、「柏原発再稼働は絶対にありえない」と発言しているようですが、それは北海道道民の民意なんでしょうか?それとも選挙選のため?

 

最後にタラレバ論ですが、こんかいの地震で福島みたいになったらどうするんだと言う人がいますが、この論争はキリがないですよね。

 

「福島の原発事故は、何百年に何回の可能性で起きる事故ですか?」

「クルマの死亡事故発生率を知って、毎日運転していますか?」

「飛行機に乗っているときに、ハイジャックされたらどうしますか?」

 

結局のところ、私たちはリスクと利便性を天秤にかけた上で、必要なものを利用しています。

 

正直、千年に1度起きるかレベルの大事故で、原発を無条件に全機停止したのは愚策でしかないです。こんかいの大停電で余計にそう思いました。北海道のように、他の電力会社からの融通も効かず、火力だけでは補えない地域もあるのですから。

 

「原発を動かしながら、火力や自然エネルギーに移行しよう」とならないのが、私にはやっぱり理解できないです。

 

トピックと関係ないですが先月は過去最高だった。

→ 【2018年8月】ブログ・アフィリエイト19万5千円(過去最高)

 

【2018年8月】ブログ・アフィリエイト19万5千円(過去最高)

f:id:eyasu2008:20180506113537j:plain

今月の収益は、20万円に到達しなかったですが過去最高益でした。

特に何か特別なことをしたわけではありません。取り扱う案件の需要の上げ下げによって収益が増えたり、減ったりしているだけですね。

 

ただし、着々と収益のパイが増えていること自体は間違いありません。サラリーマンを辞めた1年前は、1ヶ月の収益が5千円しかなかったことを考えると大きな変化ですね...

 

アフィリエイトを開始してからは10ヶ月ほど、コツコツと続けていけばそれなりに結果がついてくるのは間違いないことがわかりました。

  

8月のネットビジネスの収益は?

内訳はアドセンスで3万6千円、A8で15万9千円でした。ブログの更新はしていなかったですが、なぜかアクセス数が増えていつもよりアドセンスの収益が多かったです。

 

 

あと、A8の報酬が20件も発生していました。高単価が多いので20件でも大きな収益になりますね。

 

アフィリの課題は確定率とリライト作業

  1. 案件の確定率が壊滅的に低い
  2. 記事のリライトばかりで新規記事の追加ができない

順調に報酬が増えていますが、課題はまだまだたくさんあります。

 

案件の確定率が壊滅的に低いです。流石にこのままだとまずいと思い、ようやく重い腰をあげて広告主に問い合わせしました。

 

とりあえず、キャンセル理由を教えてくれたので改善していくつもりです。

それから、特別報酬を得るために広告を1点に集中していたのですが、確定率の問題があるので辞めました。リスク分散のためにも、扱う案件をいくつか増やしています。

 

もうひとつの課題は、リライト作業ばかりで新規記事を書く時間を確保できないことですね。最初から質の高い記事を書ければ良いのですが、どうしても過去記事に戻ってリライトする時間が多くなります。

 

おそらく全体の作業の8割くらいを過去記事の修正に費やしています。1回でスパッと書けるようになることが目標ですね。

 

 

クリック率を増やすよりもPVを増やす

以前は、記事の質を高めてクリック率を増やす戦略を取っていたのですが、これは辞めました。

 

無理な記事の書き方をして訴求を狙うよりも、PV数を増やして訪問者を増やした方が効率が良い事に気がつきました。

 

結局のところ、キーワード経由で訪問し利用する前提で来た人は広告を踏んで登録してくれるけど、そうでない人はどれだけ文章に目を通しても登録する確率は低いからです。

 

薄い見込み客の訴訟を訴求を狙うよりも、濃い見込み客をいくら集められるかに集中した方が良いからですね。そのためにも、純粋にPVを増やした方が良いです。ひとつのテーマで記事を書いているので、PVが増えれば自然と訴求も増えます。

 

回りくどいネチネチした記事を書くよりも、どれだけシンプルな記事を書けるかを意識しています。

 

20万円を間近にした感想

確定ベースではないですが、20万円の壁も目前に迫りました。ここまでくるのに本当に長かった...

 

予想としては、今月(9月)は先月よりも増えて20万円を超えるかもしれません。ただし、10月と11月はまた大きく下がるのではないかと思っています。

 

上げ下げが大きく不安定なビジネスなのは間違いないですが、それでも確実に数値は増えていますね。今までは不安の方が大きかったですが、ここまでくれば作業量に比例して数値は増えていくので、だいぶ気持ちは楽になりました。

 

実績があるのとないのとでは、モチベーションややる気に天と地ほどの差があります。やれば必ず成果が出るとわかっていると、落ち着いた気持ちで記事を書くことができますね。

 

1年でゼロから20万円増えたなら、2年後は40万円を超えている可能性は高いですね。最初の1年は手探りで作業しているので、実際にはもっと大きく増えている可能性の方がはるかに高いですね。

 

現在特化型のサイトで運営しているの2サイトだけです。新しく作りたいサイトは、まだまだたくさんあるのですが、リライトばかりでまだまだ次の作業に進むことができません。

 

現在作業しているサイトBはようやく記事が100記事に到達するのですが、まだまだ書ける記事がたくさんあります。サイトBの次は、完成度が低いサイトAのリライトがあるので、新しいサイトに取り掛かるのは来年ですね。

 

特化型サイトを5つくらい運営すると収益は、安定するのではないかと思っています。

 

→ 【2018年7月】ブログ・アフィリエイト7万8千円

 

【2018年7月】ブログ・アフィリエイト7万8千円

f:id:eyasu2008:20180506113537j:plain

8月ではなく、7月のネットビジネスの収益です。

6月は前月の3倍で喜んでいたのですが、7月はまた一桁台に落ち込みました。

 

時期の上げ下げが大きい案件なので仕方ないですね。

ちなみに今月(8月)は、過去最大の19万円でした。

 

→ 【2018年6月】ブログ・アフィリエイト14万4千円(前月の3倍以上)

 

7月のネットビジネスの収益は?

内訳はアドセンスで2万5千、A8で5万3千です。

アドセンスは大きく変わらないので、A8次第ですね。先月よりも7万円もマイナスです。

 

いつもそうですが、収益が大きく下げた時の方が精神的なダメージは大きいですね。

ただし、最近は収益を気にしないようになりました。収益は時期によって大きく変動するので、コントロールできないものだからですね。

 

自分にできるのは、ただ記事を更新していくだけです。

記事の数が増えれば自然とサイトは強化されるし、サイトの数を増やせば次第に収益も安定して来ます。 1日の作業量は大きく変わらないので、淡々と自分の作業をこなしていくしか選択肢はありません。

 

最近の作業

最近になってようやく自分のやり方が確立してきました。朝9時から作業を始めて、夕方にはもう作業を辞めます。純粋な作業時間は1日に6〜7時間ほど。頭を使う作業なのでこれで十分ですね。

 

夕方以降はアフィリエイトや成功に関する音声を聞きながら、1〜2時間外を散歩します。音声はYoutubeでダウンロードした動画の音声です。

 

身体を動かして気分転換しながら、同時に知識をインプットできます。以前は本を読むことにしていたのですが、本だと集中力がないと頭に内容が入らないですよね。

 

音声だと集中していなくても聞けるし、話し手の感情も伝わるので頭に残りやすいです。音声テープを2倍速で聞くと頭の体操にもなります。なんといっても軽い運動しながら知識も増やせるのが1番大きいですね。

  

8月のネットビジネスは?

まだ詳しい内容をまとめていないですが、8月は20万前後で着地しそうです。

今年度の末までに35万円を目標としていたので、このまま順調に進むと目標を達成できるかもしれないですね。

 

少し前まではサラリーマンの道に戻ることも考えていましたが、いまはその気持ちは完全に無くなりました。

 

確定ではなく発生額ですが、それでも20万円て大きいですよね。アフィリエイトを始めてから10ヶ月ほどで到達したことになります。

 

10ヶ月いまと同じことをすれば40万円、手探りで始めた最初の10ヶ月なので実際には5ヶ月で到達できます。また、ネットビジネスは相乗効果を生みやすいので、実際には40万円以上かもしれないですね。

 

先のことはまだまだわからないですが、ある程度ネットビジネスで成功できたら、他のことにもチャレンジしたいと思っています。

 

→ 【2018年6月】ブログ・アフィリエイト14万4千円(前月の3倍以上)