サラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

フランス人彼女の年収を聞いてびっくり、手取り月収40万円

 

先日、屋上で一緒にランチを食べているときにお金の話題になったので聞いてみました。聞く前から高いんだろうなとは予想していましたが、想像以上に高くてびっくりしました。

 

月収は40万円、年に換算すると480万円です。

 

期間限定の特別な制度を受けていてフランス政府にも日本政府にも税金を払っていないらしく、この収入がそのまま手取りになります。

 

制度は詳しいことはよくわかりませんが、フランス政府が優秀な人材に海外で働くことを後押しするようです。成績が優秀な学生は授業料が免除になるような制度だと思います。

 

手取り年収40万円

 

年齢は22歳、中国の大学に2年間通って、中国語、英語、スペイン語を話せて、世界中に営業所があるフランスの大手メーカーに勤務、1年目で日本に来るくらいだから相当優秀なんだろうなとは思っていましたが、年収を聞いて改めてびっくりしました。おそらく日本の大学であれば、東京大学に入るレベルだと思います。

 

総収入で見ると自分の方が若干多いですが、手取りに換算すると明らかに低いです。年間で80万円以上も差があります。

 

自分のように中途半端に勉強ができるとかえって企業にこき使われてしまいマイナスに働くことが多くなりますが、彼女のように飛び抜けて学校の成績がいいと物凄いメリットを享受できるようです。

 

自分の場合大学を卒業して最初の会社に入社したころは年収300万円程度、物価の安い途上国で働いていたときは200万円台、30手前でようやく400万円、物価が高い東京に移動して物価手当を貰って今年で500万円を超えるかどうかというレベルです。

 

正直うらやましいの一言につきます。

 

手取り年収で480万円ということは、日本で20%の税金を納めていると仮定した場合、年収は600万円になります。22歳女性で年収600万円と考えると相当な高収入だということがわかります。

 

年収600万円がどれくらい高いかというと、男性に比べて低く抑えられている日本の女性の倍くらい。45歳あたりの男性の平均年収と並びます。専業主婦、子供2人くらいなんとか養っていけそうな収入です。

 

女性の平均年収(年収ラボ)
20代前半、226万円
20代後半、295万円
30代前半、294万円
30代後半、297万円

 

男性の平均年収(年収ラボ)
30代前半、438万円
40代後半、499万円
40代前半、568万円
40代後半、638万円

 

以前友人2人に彼女を紹介して一緒にご飯を食べにいき、男性陣で彼女の分までおごりました。日本文化としては若い女性にお金を出せるのはタブーですが、フランス人女性は平等の精神が強いため、自分の分は自分で払うとなりますが、ここは日本なので最終的には日本の文化に従いました。

 

皮肉なことに、わたしたち3人(31歳男性)よりも彼女の方が給料が高いのです。

 

それでいて仕事はそれほど大変そうではありません。家でのんびりと仕事するときもあるし、オフィスに行っても日本のサラリーマンのように残業をするわけではありません。平日のお昼に仕事をせず日本語の勉強をしているときもあります。

 

毎日仕事で疲労しきっている日本の男性サラリーマンよりもかなり余裕があります。

 

手取り収入が40万円でも生活は質素

 

月の収入が40万円あっても生活はかなり質素です。こういうところを見るとやはり教養があるんだなと思うし、金銭感覚がずれていないことに安心します。

 

東京の中心地に住んで水道、高熱費入れて8万円くらい。自炊するための食材にはたくさんお金を使っていますが、外食して高いレストランに行くわけでもありません。平日は朝昼晩すべて自炊しています。お酒も飲まないので、週末外食してもたかがしれています。

 

服にお金を使うわけでもなくいつも同じ服をきています。普段化粧もしないし、アクセサリーもまったくと言っていいほど身に着けません。

 

パソコンは会社から支給されているのを使っているため、自分で買っていません。ジムにお金を使うのも勿体ないらしく、運動するときは外を走ります。

 

もしも教養がない自分が22歳社会人で手取り月収が40万円だったらどういう生活を送っているでしょうか。

 

もちろん、無駄に高い東京の高い部屋に住み、毎日外食、平日もお酒を飲むために遊び歩く、パソコンや娯楽にお金を使っています。高い給料をもらっても金銭感覚って大事なんだなーと思いました。

 

もしも20代前半のころに出会っていたら、高収入の彼女をひがんでしまい自然と距離をとってしまいます。30代のいまだからこそ、あーそうなんだと話を聞くことができます。来年、再来年くらいには自分の給料なんて手取り以外でもあっさりと追い越されるんだろうなと思いました。

 

フランスにすでにひと部屋不動産を持っていて、これから増やしていきたいと言っていました。株式投資にはいまのところ興味がないようですが、是非株式投資もやってもらいたいところです。