セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年7月に資産500万円でセミリタイアして、海外と日本のデュアルライフを目指します。
現在ネット収入は5000円。働かなくても良い、新しい生活スタイルを実現したい。

【全額キャッシュバック】オンラインプログラミングを無料で受講し3ヶ月でIT企業へ就職する方法

f:id:eyasu2008:20171009232241p:plain

エンジニアに転向したいと思っているけど、プログラミングが未経験で過去に挫折したことはないだろうか?もしくは、プログラミングが自分に向いているかわからないという理由でIT企業への転職に躊躇している人はいないだろうか

 

技術系の職種への転向は未経験者にとって簡単ではない。

 

オンラインで現役エンジニアから2ヶ月間プログラミングを習い、その後キャリアアドバイザーのサポートを受けIT企業への転職に成功したら、授業料が全額キャッシュバックされる「エンジニア就職・転職コース」というプランがある。

   

【コードキャンプのエンジニア就職・転職コース】

・第二新卒者、30歳未満の未経験者対象

・学習期間2ヶ月、就職活動2ヶ月

・PHPコース(HTML5/CSS3, JavaScript/jQuery, PHP/MySQL)を学ぶ

提携先企業へ就職すると全額キャッシュバック(198000円分)

無料体験後に50%OFFクーポンをゲットできる

・キャリア相談が無制限でできる 

オンラインプログラミングとは?

f:id:eyasu2008:20171010193300p:plain

「CodeCamp(コードキャンプ)」のオンラインプログラミングとは、オンラインで現役エンジニアからマンツーマンレッスンを受けられるサービスだ。

 

オンライン英会話が普及したおかげで英語の学習コストは大きく下がったが、プログラミングの世界でもオンラインだけで学習を完結できるサービスを提供するスクールが増えている。

 

コードキャンプの詳細についてはこちらの記事を参照。

www.eyasu2008.com

 

無料体験から転職までの流れ

f:id:eyasu2008:20171010194543p:plain

初日のオリエンテーションとは無料で受けられる40分の無料レッスンのことだ。2ヶ月程度の期間をかけて、オンラインでPHPコースを学ぶ。その後、キャリアサポートを受けながら1〜2ヶ月間の就職活動が始まる。

 

ブートキャンプはオンラインのカリキュラムに沿って学習することになる、オンラインレッスンで事前に予習した内容を現役エンジニアから解説してもらい、わからないことがあればレッスン中かチャットを通して質問できる。

 

レッスン回数は30回あるので、週末に2回、平日に2回、週に4回受講すれば2ヶ月以内にカリキュラムを終わらせることは可能だ。

 

もしも、研修後に就職に成功しなかった場合はキャッシュバックされないが、無料体験後に50%OFFクーポン券を取得でき、クーポンを利用すると授業料は10万円まで落とすことができる。

 

プログラミング講習を受けてみて、自分に合わないと思ったら現職の仕事を続ければ良いだけなのでリスクは小さい。普通に考えて10万円で2ヶ月プログラミングが学べれば費用対効果は高い。

 

無料体験は公式サイトから予約できる。 
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp

 

コードキャンプの詳細についてはこちらから

 

期間はいつまでかわからないが50%OFFクーポイン発行中

f:id:eyasu2008:20171010195903p:plain

授業料が全額キャッシュバックされる理由 

f:id:eyasu2008:20171012142830p:plain

本当に授業料が全額キャッシュバックされるのか疑問に思う人もいるだろう。もちろん20万円の授業料が無料になるのは理由がある。

 

20万円の授業料をペイするのは、プログラミングスクールではなく受講者を採用したIT企業が払うことになる。

 

近年プログラミングが注目されているが、注目されるようになった背景はIT業界のエンジニア不足だ。

 

IT業界は「きつい、帰れない、給料が安い」と言われる業界で、長い間学生に人気がない職種だった。そのせいで業界に若者が入らず、IT企業はエンジニア不足に陥っている。特に中小企業は深刻で、転職エージェントの有料サービスを利用しても人が集まらない。

 

さらに、クラウドワークスなど子規模な開発を依頼するようになったので、優秀なエンジニアは企業に縛られずネット環境さえあれば収入が得られるようになった。そのため、企業側はエンジニアをつなぎ止めるのが難しい。

 

大規模案件は大手企業が独占しているので個人では難しいが、商用の規模が小さいWebサービスを環境を揃えてゼロから開発し、SEO対策や集客の知識があるエンジニアは引く手あまただ。規模の小さい案件はフリーランスに任せた方が安上がりで済む。

 

つまり、IT企業側は基礎知識がある若手エンジニアを低コストで確保できる、プログラミングスクールはIT企業と提携して費用を回収できる、受講者は無料でプログラミングを習得できると、3者がWin-Winの関係になる。

 

そのため、キャッシュバック対象になる就職先の企業は限られている。キャリアサポートも、おそらく提携先のIT企業から順に紹介されるだろう。PHPコース(HTML5/CSS3, JavaScript/jQuery, PHP/MySQL)を受講することからもわかるようにWeb系の企業が多い。

f:id:eyasu2008:20171010202000p:plain

ちなみに既存のリクルートなど既存の転職サービスを利用して、企業がエンジニアを確保する場合は、転職エージェントに年収の3割が相場だ。年収400万円のエンジニアを確保したら経費は120万円になる。IT企業から見たら利益が出ない面倒な研修は外部委託できる上に、採用コストも低いので良いこと尽くしだ。

 

受講者は、授業料が全額キャッシュバックされることに引け目を感じる必要は一切ない。

 

エンジニア転向のまとめ

オンラインプログラミングに以前から興味があったので、無料体験を受けてみたら「エンジニア転向コース」のことを教えてくれた。内容を確認すると明らかに魅力的なプランだった。

 

受講者から見たら、提携先の企業に転職できるとプログラミングが無料で受講できる。もし、希望通りに就職できなかったとしても、2ヶ月のオンラインレッスンに加えて、履歴書や職務経歴書のアドバイスもしてもらえる。これで10万円のコストなら費用対効果は高い。

 

コードキャンプで他のコースを受講すると、60回のレッスン料で30万円支払う必要があるので、プログラミングを受講するだけでもお買い得だ。

 

公式サイト

現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp