セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年7月に資産500万円でセミリタイアして、海外と日本のデュアルライフを目指します。
現在ネット収入は5000円。働かなくても良い、新しい生活スタイルを実現したい。

【IT留学、1ヶ月短期留学費用の目安】セブ島でIT留学ができる学校5選、最安値は14万7千円

f:id:eyasu2008:20170901151218j:plain

フィリピンのセブ島でIT留学ができる学校の1ヶ月の 留学費用を調べてみたところ、学費の最安値は14万円、1番高いところで30万円と受けるコースによって大きく幅があった。

 

ITと英語をセブ島で学ぶと1ヶ月の相場は20万円を超える。

 

これに入学金で1〜2万円、渡航費用の3〜5万円、現地で支払う管理費や電気代など1万円、現地の食費や娯楽費3〜5万円を加えると、安く見積もっても30万円になる。3ヶ月ITを学ぼうと思ったら100万円近いコストを考えておいた方がいいだろう。

 

欧米諸国への留学と比較したら確かに格安だが、1ヶ月滞在しただけで30万円の滞在費用は個人的には高いと思ってしまう。できるなら、安く渡航できる時期やキャンペーンを調べて、安い料金で学べる方法を探した方がいい。

 

学生や社会人の長期連休以外、フィリピンの雨季になる9〜12月は閑散期で部屋が空いている学校が多い。実際にどこの学校もこの時期にキャンペーンをしている。

 

ホームページには費用を記載せず、資料請求や問い合わせしないと掲示していない学校もいくつかあったので、詳細を知りたければ公式サイトから直接応募することをお勧めする。

  

Kredo、147000円

f:id:eyasu2008:20170916142117p:plain

【IT授業コース】

1人部屋、172000円

2人部屋、147000円

 

【費用に含まれないもの】

入学金、15000円

空港ピックアップ、3000円

海外送金手数料、3000円

SSP申請費、6500ペソ

テキスト費、1000〜2000ペソ

電気代、4000ペソ

 

【特徴】

Kredo校は1ヶ月でWebサイトの作成、2ヶ月でリッチなWebサイト、3ヶ月で英語を使ってITビジネスができることを目指してる。英語とITのコースを受講すると1ヶ月で25万円の費用になるが、ITだけに絞ると授業料が15万円以下になる。

 

調べた結果、フィリピンセブ島ではこの学校が1番安かった。また、申込みをしないと料金を開示しない学校も多いので良心的だった。

 

Kredo校は、ブログやYoutuberのインフルエンサーに無料で1ヶ月招待しているので、まずは無料で滞在できないか確認した方がいい。

【Kredo IT×英語】セブ島のIT留学に1ヶ月3万円(授業料無料)で参加する方法


公式サイト:セブ島 IT×英語留学の「Kredo」

 

NexSeed、19万円

f:id:eyasu2008:20170916151239p:plain

【エンジニア6コマコース】

1人部屋、2190ドル(約24万円)

2人部屋、1327ドル(約19万円)

問い合わせが必要

 

【費用に含まれないもの】

入学金、150USドル

食費、ビザ

 

【特徴】

NexSeed校は、Webサービス開発かiPhoneアプリの開発が選択できる。Web開発の場合は、プログラミングの基礎、Webサイト作成、PHP。iPhoneアプリ開発は、プログラミングの基礎知識、MacOSで使用する言語Swift、オリジナルのアプリを自作する。

 

iPhoneアプリを開発できるのは他の学校にない特徴だ。

公式サイト:エンジニア留学の特徴 | エンジニア留学 | NexSeed

 

NILS(ニルス)

f:id:eyasu2008:20170916145314p:plain

【ITx英語クリエイティブコース】

問い合わせ中

 

【費用に含まれないもの】

問い合わせ中

 

【特徴】

クリエイティブコースを受講すると、1ヶ月でホームページを自作、3ヶ月でWebアプリケーション、6ヶ月で作成したホームページのカスタマイズから運用までができるようになる。

 

 ニルス校は6ヶ月間授業料と滞在費が無料になる0円留学を行なっているので、可能なら先にこれを検討した方がいい。

【NILS(ニルス)】セブ島で英語とITが学べる「0円留学」学費と滞在費が6ヶ月間無料

 

公式サイト:フィリピン政府公式認定語学学校【NILS】

 

AHGS(アーグス)、28万円

f:id:eyasu2008:20170916144228p:plain

【グローバルIT留学】

複数人部屋、28万円

問い合わせが必要

 

【費用に含まれないもの】

入学金、15000円

空港ピックアップ費用、1200ペソ

SSP申請費、6500ペソ

テキスト費、400ペソ

寮デポジット費

管理費、600ペソ

ID代、200ペソ

水道・光熱費

 

【特徴】

1ヶ月のITコースでは、初歩的なプログラミングと、プロジェクトマネジメントについての基礎知識を学ぶことができる。3ヶ月コースを選択すると、ティスティングの理解を深めてテストの実務経験ができる。

 

おそらく日本から仕事を受託しているIT企業と提携していて、その現場の仕事を手伝うことになるのではないかと思っている。3ヶ月プログラムを勉強するよりも、テスターとして実戦経験を積んだ方がいいという考えかもしれない。

 

個人的には、プログラムの初歩知識も、プロジェクトマネジメントの基礎知識も自分で学べることなのでわざわざ留学してまでやる必要はないと思った。テスターにしても就職すれば自然とやらされることなのでお金を払ってまで学ぶ必要はない。

 

アーグス校は0円留学で安く滞在することができるので、ITよりもこちらのコースを選択した方がいいかもしれない。

【AHGS(アーグス)】1日4時間働く代わりに無料でセブ島に英語留学する方法「0円留学」とは?

 

公式サイト:1週間39,999円~OK!セブ島ガチ留学

 

ACTHOUSE、30万円

f:id:eyasu2008:20170916152630p:plain

【ベーシックコース】

30万円

 

【費用に含まれないもの】

渡航費用、海外保険、SSPなどビザ

 

【特徴】

1ヶ月コースはWebに関する基礎知識、3ヶ月コースはPHPやjQueryなどリッチなWeb開発に必要な知識とマーケティング、6ヶ月コースではWebの構築運営を学ぶことができる。6ヶ月コースの費用は150万円と今回調べた中で1番費用が高かった。

 

ACTHOUSEでは、ITと英語に加えて起業やビジネスについても学ぶことができる。

公式サイト:IT×英語×ビジネス留学|アクトハウス