セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年7月に資産500万円でセミリタイアして、海外と日本のデュアルライフを目指します。
現在ネット収入は5000円。働かなくても良い、新しい生活スタイルを実現したい。

海外に行く機会が多い人にオススメする、海外保険付きクレジットカード3選

f:id:eyasu2008:20170714123919j:plain

 短期の海外旅行なら、1週間分のお小遣いと1枚のクレジットカードが手元にあれば困ることはないが、長期で海外に滞在する時お金の管理をどうするか考えておく必要がある。

 

自分の場合は、海外保険付きのクレジットカードと海外のATMでも引き落とせる銀行のキャッシュカードと、あとは10万円程度の現金を持ち歩くようにしている。意外と知られていないが、クレジットカードには海外保険が付いているものがある。

 

海外に滞在する度に空港でAIUの海外保険に加入している人がいるが、クレジットカードの海外保険でもある程度保障が効くのでオススメだ。

  

海外保険付帯で探すと100件以上見つかるので、次の条件でフィルターすることにした。

・最低90日の補償

・傷害治療と死亡補償が付いているもの

・年会費が無料、もしくは数千円程度のコスト

 

ゴールドやプラチナカード、年会費が高いものは海外保険が付くものは多いが、保有するだけで負担になるものは対象から外した。

AIU保険とクレジットカード保険の違い

クレジットカード付帯保険のメリットは空港で渡航の度に手続きする手間がないこと、必需品のクレジットカードに自動で付帯することだ。逆にデメリットはAIU保険よりも補償内容が小さかったり狭かったりする。

  

例えば旅行中に病気で死亡した場合、クレジットカードでは対象外になる。傷害治療にしても、クレジットカードでは100〜500万円だが、AIUの場合は無制限で補償してくれる。

 

自分の場合はクレジット付帯保険とAIU保険は次のように使い分けるようにしている。

 

仕事で長期滞在するときは会社負担でAIU保険、情勢や治安が良くない国に行く場合は多少負担になってもAIU保険、それ以外の海外旅行や3ヶ月程度の留学であればクレジットカード付帯の海外保険。

 

途上国に仕事で2年間滞在した時に、会社負担でAIU保険に加入したが1度も使うことはなかった。滞在中に歯の詰め物が取れてローカルの歯科医、風邪で体調を崩して病院に行ったが、どちらも現地スタッフに紹介してもらい小さな病院に行ったが、負担が少なかったので自腹で治療費を支払った。

 

「もしものため」と空港で思い出したように保険に入る人は多いが、実際には問題ないケースの方がはるかに大きい。

 

いずれにせよ、1度手元ちのクレジットカードの保険内容を確認しておいた方がいい。

  

三井住友VISAカード(クラシック)

f:id:eyasu2008:20170901110104p:plain

 三井住友VISAカードは、25歳以下、学生であれば年会費が無料になる。

 

キャッシュレス診療も可能だ。基本的にクレジットカードの補償は、一旦加入者が現地の病院に現金で支払い帰国後に保険会社に請求することになるが、キャッシュレス診療だと、保険会社が病院にお金を支払ってくれる。

 

日本では医療費が高いと感じる機会は少ないが、医療費が高い国に行くと現金払いが負担になる。例えばアメリカだと救急車の料金だけで4万円支払うことになるし、日本での相部屋のベッド代は1万7000円で済むが、アメリカだと16万円になる。

 

キャッシュレス診療について

医療費を支払わなくて済む海外旅行保険の「キャッシュレス診療」 | マネーの達人

 

・初年度無料/翌年以降1250円

18〜25歳は翌年度以降も無料

・90日間の海外保険

・自動付帯、キャシュレス診療

・治療費用 → 100万円

・傷害死亡補償 → 2000万円

・賠償責任 → 2000万円

 

現在はキャンペーン中で、以下の条件で10500円のキャッシュバックがある。

f:id:eyasu2008:20170901105736p:plain

 

公式サイト

三井住友VISAクラシックカード

 

リクルートカード

f:id:eyasu2008:20170901191432p:plain

 海外保険の補償は三井住友カードと大きく変わらない。リクルートカードの特徴は利用付帯である。

 

すでに1枚、自動付帯のクレジットカードを持っているなら、リクルートカードの利用付帯と組み合わせることでトータルで6ヶ月の補償を受けることが可能だ。年会費が無料なので、利用付帯のカードが欲しい人にはちょうどいい。

 

年会費無料

・90日間の海外保険

利用付帯キャシュレス診療

・傷害治療費用 → 100万円

・傷害死亡補償 → 2000万円

・賠償責任 → 2000万円

 

公式サイト

【Recruit Card(リクルートカード)】

 

クレジットカードの利用付帯とは?

クレジットカードの保険内容に「自動付帯」と「利用付帯」というのがある。

 

自動付帯とは、カードを持っているだけで海外旅行保険が自動的に適用される。90日間補償とあれば、出国から90日間が保険の適用内になる。

 

対して利用付帯とは、パッケージなどの旅行費用や出国前や現地での公共交通機関(航空機、電車、船、バス、タクシー)の支払いにクレジットカードを使用することを条件に保険が適用される。これも90日間補償とあれば、カードを使用してから90日間がカウントダウンされる。

 

利用付帯の特性を活かして、自動付帯の30日間が切れた後に現地の公共機関を利用することで、保険期間を最大6ヶ月にする裏技もあるらしい。これが可能かどうかは契約したクレジット会社に確認してみるといいかもしれない。 

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス

f:id:eyasu2008:20170901194305p:plain

 セゾンブルーは、年会費が3000円と三井住友カードと比較して割高だが、その分補償内容が手厚い。傷害治療は300万円、傷害死亡、賠償は共に3000万円の補償になる。

 

・初年度無料/翌年以降3000円

25歳以下は翌年度以降も無料

・90日間の海外保険

・自動付帯、キャシュレス診療

・治療費用 → 300万円

・傷害死亡補償 → 3000万円

・賠償責任 → 3000万円

 

公式サイト

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾン・アメックス|SAISON AMEX)入会キャンペーン

 

個人的には、海外で何も起きないことを前提にしているため、補償金額はあまり気にしない。海外保険のカードがないなら三井住友、すでに自由付帯のカードが手元にあるならリクルートカードを選択する。

 

アマゾンのゴールドカード 

海外保険付きの年会費が安いクレジットカードを探していたら、Amazonのゴールドカードに辿り着いた。ゴールドカードでも、アマゾンの特典を利用するば年会費は実質420円になる。

 

Amazonゴールドカードの海外保険の補償が手厚い、プレミアム会員なら年会費は実質420円