セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

資産状況2017年7月 595万円(年比+13%)

f:id:eyasu2008:20160624204621j:plain

イスラエルのテルアビブ

 

2013年、130万円
2014年、236万円(年比+80%)
2015年、362万円(年比+53%)
2016年、518万円(年比+43%)

 

2017年
01月、455万円(月比-13%)
02月、495万円(月比+8%)
03月、523万円(月比+5%)
04月、516万円(月比-1%)
05月、526万円(月比+1%)
06月、596万円(月比+5%)
07月、595万円(月比0%)

 

 

株式と現金の割合

 

7月の資産は先月とほとんど変わらず595万円だった。

 

先月から、ブログのトピックが株式投資からセミリタイアへ移行した、当分株式は買う予定がないが、資産状況は今まで通り変わらず更新することにした。

 

資産の内訳は次のようになる。

 

株式、370万円

現金、225万円

 

株式の方は最近全くといって動きはない。仕事をしていた時はスマホのアプリで直々株価を見ていたが、仕事を辞めてからはほとんど見なくなった。見ても1、2回、気がついたらもうその日の取引は終わっている。

 

現金は、先月まで所属していた会社から最後の給与が踏み込まれた。旅行の積立金の返金も含めて32万円である。これで会社からの収入は無くなるので、晴れて無職生活に突入だ。

 

残すところの収入は、中小企業共済の退職金と失業手当である。退職金は自己都合のため給付は3ヶ月になる。これが過ぎればもう振り込まれるお金はない。

 

パソコンとスマホ端末支払い

 

会社から32万円振り込まれ持株の値動きがないのに、先月と資産が変わらないのは、仕事を辞めて遊び歩いていたからではない。新しいパソコンに買い換えたのと、格安SIMに乗り換えるためにiPhone端末の残りの端末代を一括で支払ったからである。

 

ソフトバンクのiPhone6s端末と電話番号そのままでラインモバイルへ乗り換える方法、音声通話SIMで3GB月額1690円

 

6年前に購入したmac book Proを使っていたが、調子が悪くなったのと新しいPCを買うことにした。海外滞在中に壊れると色々と面倒だと思った。唯一の商売道具はPCだけなので、これがないと何もできない。

 

パソコンとスマホ端末の支払いで23万円程度消えてしまった。ここ数年で1番大きい買い物をした。

 

再び働き始めるセミリタイア者

 

仕事を辞めてから1番びっくりしたことだが、サラリーマン時代によく読んでいたセミリタイアしたブロガーの方が、日本に帰国して日本の会社で働くことを決めたらしい。

 

日本の会社を辞めた私が再び日本の会社で働くことについて

 

理由はお金がなくなったからではなく、2年間海外で遊び通したからもう十分満足したらしい。確かにセミリタイア生活も、海外生活も時間が経てばただの日常に変わる。1人で海外を放浪していると、寂しくなる気持ちも十分に理解できる。他のセミリタイア系ブロガーの方を見ていても、セミリタイア生活がモラトリウム期間のように働き、再び働き始める人も結構な数いるのは間違いない。

 

人はつながりの中でしか生きていけない、1人でやりたいことをやり尽くしたら、今度は組織の中で活躍したくなるのだろう。これは社会的にも、当人にもいいことだ。学生の時の就職活動と違い、自分のやりたいことを見つめ、バランスの取れたワークスタイル、収入で働き始めることになると思う。

 

ワーホリや語学留学者のように海外生活を遊び通してお金が底をつき、再び日本で働くのとはまた違う。

 

こういうケースを見ると、自分もいずれはそうなるのだろうかと決まって少し悲しい気持ちになる。いやで日本の会社組織を離れても、また会社が恋しくなり帰ってくるということである。本人にとって価値のある大きな2年間だったのだろうが、一見すると振り出しに戻ったかのようである。

 

ようやく念願のセミリタイア生活を始めて、やっと1ヶ月経ったところで出口を考えるのはちょっと苦痛だ。

 

1人で放浪する場合と、理解者のパートナーがいるかどうかもその後に大きな違いがあるかもしれない。自分の場合フランス人のパートナーがいるし、彼女について行くことで2年間に3カ国、海外に拠点を持って生活する、寂しくなって日本社会で働きたくなる可能性は低いのかも知れない。ただ、2年後に彼女と別れていれば日本に帰ってきてまた日本の会社で働くという可能性も否定できない。

 

若い時には感じなかったことだが、歳を取るにつれてひとりでいることに孤独を感じるようになった。いくら海外生活やセミリタイア生活が楽しくても、パートナーはいてほしなと思う。

 

そういう意味で彼の決断も十分に理解できる。交際相手を探すならやはり日本人がいいし、日本に滞在するなら会社にいた方が出会いの場は広がるだろう。仕事は本来つまらないものだが、お金目的に職業を選択しなければ満足の行く仕事にもつきやすい。

 

今はWEB関連のメディアが賑わっているので、そこそこ知名度のあるブロガーなら趣味の延長線上で仕事をするのも難しくないだろう。

 

2018年に行きたいところ

 

セミリタイア生活者の先輩が働くと聞いてしまうと少しブルーな気持ちになるが、自分のセミリタイア生活はこれから始まる。

 

明日からは1ヶ月間実家で滞在し、その後フランスへ2ヶ月、フィリピンのセブ島へ1ヶ月、そしてまた実家に戻って3ヶ月滞在することになる。実家生活は正直不安はあるが、税金の手続きと生活費をタダに抑えるために避けては通れない道だ。居辛くなれば地方都市のシェアハウスに駆け込む。

 

6ヶ月先の予定はまだ何も決まっていない。税金の手続きからも解放され晴れて自由の身になる。 彼女の次の滞在先次第と彼女の了解を得る必要があるが、挙げればキリがないほど行きたいところはたくさんある。

 

・インド大陸を1周する

・アジア未開の地、ミャンマーとラオスにいく

・ベトナムを北から南に横断する

・カンボジアの遺跡を回る

・タイのチェンマイで1ヶ月語学留学

・フィジーで1ヶ月語学留学

・モロッコでフランス語学校に通う

 

予算は移動費を抜かして月に5万円程度でできそうなものからクリアして行く。ブログである程度稼げるようになったら、予算は10万円に増やしていくつもりだ。

 

 セミリタイア関連の書籍

www.eyasu2008.com

 

早期でセミリタイアするために必要なこと

www.eyasu2008.com