セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

社会人が仕事を辞めて留学しても英語が上達できない3つの理由

f:id:eyasu2008:20170714123919j:plain

 

環境が変われば、自分も変えられると思っている人は多い。英語に関しては日本でも上達できない人は海外に出たとしても上達できない可能性が高いということを知っておいた方がいい。

 

留学エージェントは、高い留学費用を払ったからといって次の就職先を確保してくれるわけでも、英語が期待した以上に伸びなくても返金してくれるわけではない。

 

逆に日本で英語を勉強してこなかった人が留学すると、かえって自信をなくしてしまい再び英語を勉強することはなくなる。英語ができない自分に劣等感をもち、英語ができる学生をみて、年齢のせいだとか、自分には語学の才能がなかったと諦めてしまうケースが多い。

 

当然だが、留学エージェントや留学を斡旋するサイトがこうしたケースを取り上げることはない。英語で成功したサクセスストーリーだけを扱う。

 

本人の自己責任としていいようがないが、留学エージェントが営業のノルマをこなすために過度に期待を持たせることについて、自分は疑問を感じている。

 

わざわざ高い留学費用を出しても上達できない人は次のような特徴がある。

 

・海外にさえ出れば上達できると思っている

・日本人同士で群れたがる

・海外で勉強する理由を説明できない

 

海外にさえ出れば上達できる

 

大概、社会人で仕事を辞めて英語を勉強しに行こうと思っている人は、日本にいたらモチベーションが上がらず勉強できない、でも海外に行き環境が変われば上達できると考えている人は多い。

 

しかし、そんな都合のいい話はない。日本にいても伸びない人は海外に居てもほとんど伸びない。

 

逆に言うと、日本にいても自分で英語を勉強し上達できる人は、わざわざ仕事を辞めてまで留学するという選択肢を取らない。そんなことをしなくても十分に英語は上達できるほど、ネット環境が充実しているからだ。

 

ネットの情報に疎い人ほど、ワーホリや留学という選択肢に凝り固まってしまう。

 

日本にいても頑張れないことは、海外にいても当然頑張れない。たとえマンツーマンでネイティブ講師と対面したところで時間とお金の無駄だ。

 

中学レベルの文法と単語ができないにも関わらず留学する人さえいる。中学レベルの文法であれば自分で勉強しなければ意味がない。

 

英語講師もいくらお金をもらっているとはいえ、会話ができない相手とテキストをにらめっこするだけの時間は退屈だ。でしかないだろう。お互い非生産的な時間を過ごすことになる。

 

グループレッスンであれば、黙って椅子に座るしかやることはない。日本にいるうちから基礎的なことを勉強しておけば良かったと口にするが、日本に帰ってからも勉強する人はいない。

 

留学は日本では伸ばしにくスピーキング力を伸ばす場である。机に向かってできることは日本で済ませて置かなくてはならない。語学留学で効率よく短期間で上達したいと思っているのなら、最低限中学レベルの基礎的な文法は頭に入れておかなくてはならない。

 

日本人同士で群れる

 

会社組織や学校にいると感じることだが、意思の弱い人たちは同じレベル人同士で群がるのが好きだ。留学する人の中でも英語力は様々だが、レベルの低い人たちは同じように英語ができない人たちと仲良くなる。

 

海外に出て暮らそうとすると、日本人同士でいることが特に居心地よく感じてしまう。

 

ひとりで行動できる人は、現地の人と積極的にコミュニケーションを取るためどんどん上達していく。逆に群れないと行動できない人はいつまで経っても英語が上達しない。

 

海外生活をしても日本人と一緒にいると日本にいるのと大して変わりはない。景色が日本ではなく海外に変わっただけである。

 

授業中は黙って椅子に座る、休み時間やランチは日本人と日本語を話す、学校が昼過ぎに終わるとショッピングやバーに行きお酒を飲む、英語を話す時間なんてほとんどない。

 

海外で勉強する理由を説明できない

 

留学サイトを見ると思うことだが、なぜフィリピンのセブ島や太平洋のフィジーなど南国の島まで英語を勉強しに行くのが疑問に思うことが多々ある。

 

例えばフィリピンだとスパルタ系の学校が多く、マンツーマン授業で部屋にこもる時間が長い。わざわざ観光地まできて部屋にこもる必要があるのだろうか。週末はセブ島などビーチを満喫できるが、平日はもったいない時間の使い方をしている。

 

部屋にこもって勉強するのであれば、フィリピンのマニラでもいいし、日本の東京でもそれほど変わらない。人件費は大きなメリットだが、それ以外の物価差などは留学エージェントが言うほど旨味はなくなってきている。航空券、授業料、宿泊代、食費、観光地であればあるほど物価は高く、日本と比べても大きな差はなくなりつつある。

 

 

物価が高い海外の観光地に行き、どうしてそこで英語の勉強をしたいのか考えた方がいいと思う。セブ島を満喫したいのであれば、わざわざ英語を勉強するために行く必要なんてない。仲のいい友達やパートナーと数週間の休みを取って行った方が何倍も楽しむことができる。

 

転職エージェントの話を鵜呑みにするのではなく、その場所のメリットデメリットを理解した上で自分にあった場所を選んだ方がいいと思う。

 

大学生と社会人は違う

 

大学の夏休みや春休みの時期になると、大学生で留学する人たちが押し寄せる。仕事を辞めて留学しにきた社会人と、休みを利用して留学しにきた社会人は条件が全く違う。

 

全ての大学生とは言わないが、留学を通じて英語が劇的に伸びて行く人は多い。彼らは元から英語が好きで、趣味の延長線上で自ら率先して勉強を始めた人が多い。対して社会人の場合は、労働環境を改善するためだったり、次の転職先を有利にするためだったり、30歳を目前にワーホリの期限が近づいていたり、外的要因で英語を勉強しようと思った人が多い。

 

また、学生の時から英語を勉強していたという人は少なく、海外生活に憧れを抱いている人も多い。 

 

若いうちからバイトなどで貯めたお金を自分の投資のために使う大学生を見ると、見ているこちらとしても気持ちがいい。若いうちから自主的に英語を勉強しておけば、就職先を選ぶにしてもいい条件で仕事に就ける可能性も高い。

 

そういう大学生と比較すると、どうしても社会人の方が見劣りしてしまう。

 

留学して効率よく英語を上達するためにも、こうした負の側面があることもしっかりと理解しておいた方がいい。あまり留学エージャントの話は鵜呑みにしない方が賢明だ。

 

アマゾン:

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)

  

仕事を辞めずに楽に英語を学ぶ方法

www.eyasu2008.com

 

流行りのIT留学に授業料無料で行くことになった

www.eyasu2008.com