セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

英語ができたら仕事に困らないという幻想を辞めませんか?基礎的なことは最低でも自分で勉強した方がいい

f:id:eyasu2008:20170218155813j:plain

 

英語ができると収入が増える、もしくは仕事に困らないと思っている人は多い。英会話や語学留学、ワーホリの広告を鵜呑みにしている人は沢山いる。英語ほど期待値の割に見返りが少ないものはない。

 

シェアハウスに住んでいると様々な考えを持った人がいる。

 

ある日、自分よりも英語が上手い同年代の男性の方から「自分の英語力だったら仕事でどれくらい通用する?」と聞かれたことがある。多分、その英語力なら仕事するのにどこに行っても困らないですよ、と言って欲しかったのだと思う。

 

自分の答えは、英語ができなくてもできても仕事とはそれほど関係ない、本業の仕事次第と答える。 世界大国第3位の日本では英語を使う仕事なんて限られている。将来重要度を増すのは間違いないが、その時は日本の国力が失った時で当分先だ。

 

そういう将来が訪れたら英語も重要だが、その前に企業に頼らずに自分で外貨を稼ぐ手段を身につけなければならない。何れにしてもただのコミュニケーションにしか過ぎない英語が最優先事項になることはない。

 

英語ができたら仕事に困らないと思う人は、もう少し想像力を働かせて具体的にどんな仕事があるのか自分の頭で考えて見た方がいい。

 

考えたら本当にその通りなのか、直接業界で活躍している人にコンタクトを取り確認してみた方がいいだろう。良心的な転職エージェントや第一線で活躍している人なら、英語力よりも業務知識の方が何倍も重要だということを教えてくれる。

 

 

英語ができても仕事はない

 

英語ができなければ仕事ができない、かつその仕事が誰にでもできるわけではないという状況に立てば、英語ができることで相乗効果が増して収入が増えるのは間違いない。

 

例えば、ミャンマー人が日本のIT業界で日本語を使って働くと彼らの給料は右肩上がりに上昇していく。日本語ができないと仕事ができない上に、母国と日本での物価差は10倍以上ある、さらに後進国でITが未成熟の国だと、エンジニアというだけでも仕事の付加価値は高い。こういうインセンティブがあるので彼女たちは必死に言語を覚えて仕事をする。

 

こうした業種が日本ではどれくらいあるのか、という話になる。

 

英語を使うことで収入が増えるのは外国人と直接取引する商社の最前線や、国際会議に参加するプロの通訳くらいだろう。トヨタやホンダなど世界中にクルマを売る仕事をしているが、実際に現地の人と英語でやり取りする仕事は、全体の5%も満たない。

 

エンジニアは英語を使う機会が多いとよく言われるが、それは間違いである。英語で書かれた文献や情報を得るために読み程度の英語力は必要になるが、それ以外に英語力が求められることはない。

 

日本はアジアに開発拠点を作るが、そこは英語圏ではない。

 

共に母語ではない者同士が英語を使うよりも、どちらかの母語に合わせた方がコミュニケーションは円滑に進む。どちらに合わせるかというと、当然仕事を発注している日本側に合わせることになる。

 

英語を使う仕事は探せば大量に見つかるが、映画や書籍の翻訳、公務員以外の英語の教師、外国人観光客のツアーなど、いくらでも変えが効く仕事なので彼らの給料はどれも安い。取り替えが効く仕事というのは、時間で穴埋めするしかないから決まって重労働、低賃金になる。

 

公務員の英語教師を見ればわかるように、彼らは英語ができるから給料が安定しているわけではなく公務員だから安定している。最低限スコアが取れれば彼らの英語力というのは重要ではなく、誰もができる仕事だ。

 

経済大国で内需の割合が高く、単一民族の日本では仕事で英語が使えることのメリットはそれほど大きくない。

 

20代後半一般職の女性が多い

 

シェアハウスに住んでいるとこれから英語を勉強したいと思っている方に出会う機会は多い。統計があるわけでもなく完全な主観だが、特に20代後半の女性の方が多い。彼女たちは、専門職ではなく受付や事務などの一般職、特にやりたいことがあるわけでもなく、漠然と転職を考えている。

 

今月新しく入居した女性の方もこれから本格的に英語を勉強し始めるところだった。話を聞いていると、仕事を辞めようか悩んでいる、やりたいことはないけれど、とりあえず資格があると有利なので英語の勉強をしようと思っているという。

 

関東の実家に住んでいたが、外国人が多くいるシェアハウスに住み、英会話教室に通って英語の勉強を本格的に始める。

 

個人的には職場が通勤圏内にあるのであればシェアハウスに住むメリットはないと思う。いろんな人種と知り合いになれて楽しいが、住むだけで月に6万円、さらに月に2万円の英会話教室で8万円の負担になる。

 

外国人が住むからシェアハウスを選んだというが、彼女たちは外国人が来ても英語で話すことはない。

 

これから英語を勉強したいと思っている人に言いたいことだが、上達するためには最低でも中学レベルの文法や単語は「自分で」身につけた方がいい。これがないと、いくら外国人と共同生活しようが、英会話学校に通い高い授業料を払い外国人と話そうが英語力が伸びることはない。

 

中学レベルの英語力なら学生の時に既に勉強しているので簡単に入し、誰もが理解できるレベルだ。中学レベルの英語の知識すらないのに、本当にこれから英語を勉強する気があるのか疑問に思ってしまう。

 

英語は趣味で学ぶのがいい

f:id:eyasu2008:20170326104747j:plain

 

英語は仕事のために勉強するためではなく趣味の延長線上で勉強するのがいい。英語ができると国境を越えて様々な人種の方と会話ができるのでこれほど楽しいことはない。世界が広がったように感じる。

 

シェアハウスに住んでいると、自分から声をかけなくても綺麗なドイツ人やフランス人女性から食事に誘われることは日常茶飯事。

 

日本にいる1億人としかコミュニケーションできないと考えるよりも、世界で英語を話すといわれる17億人と会話できるチャンスがあると思うと夢は広がる。

 

世界人口約70億人のうち英語人口はどれくらい? | たかが英語されど英語 おとなの英語習得法

 

これだけで英語を学ぶ価値はある。海外旅行が何倍も楽しくなる、留学で学校に通うにしても違った文化の人たちとのディスカッションは楽しい、英語力が高ければ高いほど深い話ができるので、楽しさは英語力に比例する。

 

外国人と一緒に暮らしても上達しない 

 

少し厳しい言い方をすると、英語ができれば仕事ができると思っている人は考え方が甘い。英語ができれば仕事に困らないということはないし、身に付けたいと思うのであれば最低でも簡単な日常会話ができるだけの知識は自分で勉強するべきだ。

 

基礎的なことを勉強する前に英会話クラスに通い、すぐにお金で解決しようとする。オフラインの英会話はメリットがないし金額が高すぎる。最低限の会話ができなければ椅子に座っている時間は無駄である。

 

英会話教室に高額な授業料を払っている人たちを見ると、ブログやアフェリエイトの教材で月に数万支払う人が多いのも納得できる。ブログでアクセス数を稼ぐにしろ、アフェリエイトで検索上位に入るにしろ先ずは自分でやって見て検証していくしかない。

 

この過程をクリアする前から、高額なセミナーやサロン、教材に大金を払うことで問題を解決しようとする。ある程度有益な情報は既にネット上に大量に転がっているので、まずは基本的な知識は自分で得るしかない。

 

英語ができれば仕事が困らないと思っている人と話すといつも違和感を感じてしまう。20代前半で業務の知識がなく、学生の時から自主的に勉強し日常会話程度の英会話ができますというのは評価が高いが、30歳手前で日常会話ができます、業務知識がないというのは企業からみて何もメリットはない。

 

仕事で活かすことを目的に、高いお金を出して英語の勉強をするのであれば、もう少し現実をみた方がいい。

 

趣味レベルであれば、お金を払わずにいくらでも英語を上達する方法はいくらでもある。

www.eyasu2008.com

 

今話題のIT留学について、消費者が期待するほど費用対効果は高くないと思っている

www.eyasu2008.com

 

フィリピン英語留学で格安で海外に滞在する方法

www.eyasu2008.com