セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年7月に資産500万円でセミリタイアして、海外と日本のデュアルライフを目指します。
現在ネット収入は5000円。働かなくても良い、新しい生活スタイルを実現したい。

【フィリピン短期留学の最安値】1日2時間の授業で滞在費は月5万9000円

f:id:eyasu2008:20170312115521j:plain

2017年8月から会社員を辞めて人生を楽しもうと思っている。生活の拠点を海外に移すため、費用が安く、且つ楽しく海外生活を送る方法を探している。

 

フィリピンの語学留学は英語を学べる、且つ宿泊費、3食の食事込み、現地の英語講師と日本から来た留学生と交流できるので、海外生活を楽しむのに最適な場所だ。

 

しかし、日本と新興国の物価差は徐々に縮小し、語学留学のコストは世間一般で言われるほど安くないが現実だ。英語を勉強するだけで1ヶ月に15万円払うのは高いと思ってしまうのは自分だけではないだろう。

 

フィリピンのマニラで1ヶ月5万9000円で滞在できる学校があるので、その語学学校を紹介する。自分が調べた中でここが1番最安値だった。

 

サラリーマン時代に利用した事があるのだが、食事はヘルシーで日本食に近いものを提供してくれるので長期滞在者にはとても有難い。

  

語学留学最安値は1ヶ月5万9000円

f:id:eyasu2008:20170709124539p:plain

EBのマギンハワ校

 

フィリピンはスパルタ系の学校が多く、短時間、ゆるく英語を勉強したいという人向けの学校はほとんどない。

 

紹介する学校が安いのは、1日に受けられる英語のコースを2時間に設定できるからだ。すると1ヶ月マニラに滞在し、宿泊費、3食の食費、さらに2時間の英語のマンツーマンクラスを受けて5万9000円で滞在できる。

 

短期間で英語を上達したい人は1日に8〜10時間のクラスを受講するが、皆がみな英語を上達したいわけではない。自分のように、安く海外に滞在でき英語は趣味レベルでのんびりとセミリタイア生活を送りたい人もいる。

 

1日500円のゲストハウスに宿泊し1ヶ月滞在する選択肢もあるが、交流を楽しみたいのであれば語学学校は悪くない。食事も提供されるので自分で準備する手間が省けるのも助かる。6万円というと東京の中心地で共同部屋のシェアハウスに住むのと同じ金額で、海外生活を楽しむ事ができる。

 

EB留学学校について

f:id:eyasu2008:20170910102356p:plain

 

安く滞在できるのは「EB」という学校だ。

【費用対効果No.1宣言】フィリピン留学を格安費用で|EBの英語授業はマンツーマン!

 

見た感じお金を掛けていないホームページにも好感がもてる。スタイリッシュで斬新なホームページは魅力だが、そのコストを負担するのは留学者である。

 

2時間コースではなく1日8時間のマンツーマンレッスンを選択すると、複数人部屋で12万円になってしまうので、安いのは安いのだが他の留学先と比較してそこまで安いというわけではない。

 

f:id:eyasu2008:20170709123227p:plain

留学費用|格安フィリピン留学のEB

 

理想的な留学中の過ごし方

f:id:eyasu2008:20170709125358p:plain

食事で他校と差別化している

 

1日8〜10時間の英語クラスを入れる人も多いが、留学しながらゆっくりと時間を過ごすのも悪くない。

 

 

朝起きて、準備された朝食を食べたらネットビジネスのためにパソコンを開く。午後昼食を食べたら2時間だけ英語のクラスを入れる。そのあとは、カフェで本を読んだり、近所のスポーツジムに行ったり、留学生と交流したりとゆっくりした時間を過ごす。

 

ネットビジネスの1番の利点は、パソコンとネット環境さえあればどこにいてもお金を稼ぐ事ができるので、物価の安い途上国でこそ効果を発揮しやすい。せっかく日本を飛び出して海外に来たのに、1日中個室で英語を勉強するのは勿体無い時間の使い方をしている。

  

サラリーマン時代に滞在した時の費用

f:id:eyasu2008:20170910103937p:plain

サラリーマン時代に会社の夏季休暇1週間に、2日間の有給をつけて10日滞在した事がある。その時の費用は次のようになる。

 

【平日4時間マンツーマンレッスン】
複数人部屋B 10泊
申込金:1万円
EB料金:3万3000円

 

1ヶ月以内の滞在であればビザは必要ない。交通費は社会人の夏休みと重なるため、往復で6万円と割高、現地の娯楽費用で3万円、すべて合計すると14万円ほどだった。海外旅行、英語の勉強も含めてなので安い方だと思う。

 

滞在中は、高校生と仲良くなり一緒にカフェや近くのバスケやスポーツジムに。週末は仲良くなった英語講師を誘ってマニラ市街の観光に連れて行ってもらうなど、充実した1週間を過ごす事ができた。

 

毎日仕事をしていると同じようなタイプの人としか会話をしないが、留学だと様々な方と会話をする機会があるから楽しい。異業種の社会人、仕事を辞めてワーホリに来た人、英語を勉強したい学生など。せっかく仲良くなっても1週間で帰らないといけないのは悲しい。

 

安く海外に滞在する方法 

 

サラリーマンだと滞在できる時期と期間が限られているので、費用を抑えた留学は難しいが、比較的自由に働く時間を決められるフリーランスや自営業の方だと、安く留学できる方法はいくらでも見つける事ができる。とくに9〜12月は閑散期に入るので、キャンペーンを打ち出す学校は多い。

 

最近はフィリピンのセブ島で「0円留学」というのが流行っている。

 

0円で留学できる学校は3校ある。厳密にいうと入学金があったり、代わりに労働が条件になっていたりと完全に0円になるわけではないが。

 

0円留学について詳しくはこちらから

今話題のセブ島「IT×英語」留学に1ヶ月間授業料無料で行くことになった、ひと月の授業料は27万8千円

【AHGS English Academy】1日4時間働く代わりにゼロ円でフィリピンのセブ島に英語留学する「ゼロ円留学」とは - セミリタイアしたサラリーマン投資家

【語学学校NILS】セブ島で英語とITが学べる「ゼロ円留学」学費と滞在費が6ヶ月無料