セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

フィリピンのマニラとセブ島の英語留学の最安値を比較してみた、フィリピンで英語を学ぶことは本当に得するのか?

f:id:eyasu2008:20170304095844j:plain

 

2017年8月から会社員を辞めてフリーで生活する。人生は楽しく過ごしたいと思っているので、時間を見つけて語学留学に行くつもりだ。

 

自分の場合キャリアアップを目的にしているわけではないので、英語を効率よく学びたいとは思っていない。いかに安く、楽しく現地で過ごせるかを重視している。英語を上達したいのであれば、日本国内にいて仕事をしながらでも十分可能だからだ。

 

キャリアアップを目的に英語を学ぶのであれば、仕事を継続しながら英語を学ぶのが1番効率的だろう。英語だけを上達しても給料は上がらないという現実がある。

 

わざわざ海外に長期滞在して語学を学ぶのは、現地の英語教師や他国から英語を学びに来た人と交流できることを楽しみたい。そのためには物価安を利用してどれだけ長く現地に滞在できるかの方が自分には重要だ。

 

フィリピンで人気が高いマニラとセブ島の留学を比較してみた。フィリピンの学校は数が多すぎて比較するのが大変なので、DMM留学の学校検索を利用した。月単位で留学料金が表示されるので比較しやすかった。時間を掛けて最安値を探せばもっと見つかるだろう。

  

語学学校の検索 - DMM留学

 

 

 

フィリピン留学のマニラは1ヶ月10万6000円

f:id:eyasu2008:20170709101307p:plain

 

フィリピンの1ヶ月最安値は「Basic English Camp」という学校だった。マニラの郊外にある。

 

体験コース

10万6000円

2人部屋C

マンツーマンレッスン、50分x2コマ

グループレッスン、50分x2コマ

週7日3食付き

 

語学留学で1番人気なのは間違いなくフィリピン留学だ。理由はマンツーマンレッスンで短期間で効率よく英語を学ぶことができる。また、授業料に宿泊3食の食事が付いているので、入学金やビザ費用以外で出費はほとんどなくなる。

 

この学校が他の語学学校より安いのは立地がマニラの郊外であることと、マンツーマンとグループレッスンが半々だからだろう。マンツーマンとグループレッスンであれば、英語を話す量が違う。グループレッスンの場合、人によってはまったく話すことなく授業が終わることもある。

 

学校からの風景

f:id:eyasu2008:20170709101346p:plain

 

ryugaku.dmm.com

 

フィリピン留学のセブ島は1ヶ月11万3800円

f:id:eyasu2008:20170709103450p:plain

 

 一般英語ESL5コース

11万3800円

6人部屋

マンツーマンレッスン45分x5コマ

グループレッスン45分x3コマ

食費は別

 

セブ島は都会のマニラと違い観光地ということもあり、留学費用は高めに設定されている。セブ島の最大の魅力はビーチが綺麗で世界有数のリゾーチである。

 

セブ島のリゾート地

f:id:eyasu2008:20170709103756p:plain

 

個人的に思うことだが、フィリピンのようなスパルタ系の学校が多いところで、南国に英語留学しに行く必要はないと思う。学校に拘束される時間は長い。夕方授業が終わってビーチに行くのでは遅すぎるし、物価が高く海が綺麗なリゾート地まできたのに週末しかセブ島を満喫できない。

 

英語を効率よく学ぶことを目的にするのであれば、マニラの最安値の学校を探し、留学が終わった後にセブ島で2週間程度過ごした方がフィリンピンを満喫できる。

 

<初心者向け>セブ語学留学はこちら

 

滞在先の光景

f:id:eyasu2008:20170709114904p:plain

フィリピンに語学留学をするのは得か?

 

フィリピン留学というと安いを売りに韓国や日本の社会人や学生を中心に最も人気がある留学先だ。フィリピンの語学学校は500校を超えると言われている。競争も激しくサービスに付加価値をつけて学校間で競争している。

 

マンツーマン授業、宿泊費、3食付きで11万円の授業料は確かに安いだろう。

 

ただ、3〜5万円前後の航空券、入学金で1万円、フィリピン政府に支払うお金6,500ペソ(1万円前後)、水道代や共益費、滞在中の娯楽で使うお金などを換算すると1ヶ月滞在したとして20万円近い出費になるだろう。

 

せっかく海外まで来たのに、費用を抑えたいからと毎食提供された食事を食べる人はいないだろう。週末は近場の観光地に旅行に行くだろうし、平日でも夜飲みに出歩く人もいる。新しく人が来るか長期滞在者が去る時には飲み会もある。

 

海外にマンツーマンで1日8時間程度の英語を勉強できると考えたら他国と比較して安いのかもしれないが、英語を学ぶためだけにと考えたら自分は高いと思ってしまう。授業料も1週間で3万円、1日授業を受けると6000円である。

 

アジアは日本と比較するとまだまだ物価、特に人件費が安いのは事実だが、そのメリットは徐々に薄れつつあるのも確かだ。理由は日本円が相対的に弱くなっていること、途上国の経済成長で物価が上昇しているからだ。

 

ビックマック指数を見ると日本は380円56カ国中33位に位置するが、フィリピンは313円42位と差はそれほど大きくない。同じアジアでもシンガポール、韓国、タイは既に日本の上位に位置する。

 

世界のビッグマック価格ランキング - 世界経済のネタ帳

 

20年間のデフレ経済でアジア諸国との差が縮まったのはまず間違い無いだろう。

 

食費にしても現地で生産されているフルーツや野菜は安いが、輸入品に関しては日本よりも高い。スターバックスやマクドナルドはそれほど日本と料金は変わらないし、日本食を食べようとしたら日本よりも割高だ。

 

大型のショッピンモールに行くと日本よりも高いくらいだ。セブ島のバイキング形式のランチで760円、地元料理の人気店ディナーで1350円、日本食レストランに行くと1620円だという。

 

セブ島の物価・日本円で比較!~セブで買うもの・買わないもの~

 

地元民が通うローカルな店に行けば安く済ませることができるが、言葉が通じないので難易度は低くない。セブ島のようなリゾート地であれば見つけるのも難しいだろう。

 

つまり普通に暮らしていると日本とそれほど変わらないか、もしくは日本で過ごすよりも高くなってしまう。現地人の人件費が安いのでタクシーやマッサージなどは割安だが、 観光地ではその限りではないだろう。注意しないとお金はどんどん減って行く。

 

日本は人件費と土地が高い割に、企業努力と労働者の過酷な労働環境のおかげでレストランやサービスは意外と割安だ。自分の場合、東京にいてもランチの目安は400円程度だ。そのせいか、東南アジアの屋台以外のお店で食事をとると高いなと感じてしまう。

 

渡航する前にどのサービスが日本と比較して割高なのか知っておいた方がいいだろう。

 

セブ島の物価は日本の1/3ってホント!?主な物価を調べました。 | 俺のセブ島留学

 

英語はエンターテイメントとして学んでいる

 

物価安のメリットは年々薄れているのは間違いない。日本経済がこれから先も衰退、途上国は人口増でまだまだ成長して行くことを考えるとこの傾向は今後も止まらない。

 

現職のサラリーマンが英語留学を検討するのであれば、十分にコストメリットを考えてから決断するべきだ。

 

かつては自分もキャリアップを目的に英語留学をしていた。会社を辞めて3ヶ月間フィジーという国に滞在していたが、授業料、渡航費、現地での出費で総額70万円ほど掛かった。英語を使って仕事をするようになったが、この分のコストは回収できたとは言えない。むしろ収入の面だけでいうと損をしている。

 

当時はキャリアアップを目的にしていたからこそ安い買い物だったと思っていたが、今はそうは思わない。英語を勉強する目的はキャリアップから人生を楽しむために目的が変わったからだ。

 

そう考えたら、かつてのように英語学習のために70万円の投資をしたいとは思えない。仕事のために勉強するのであれば、オンライン英会話の「レアジョブ」を利用して仕事を辞めずに働きながらいくらでも英語は上達することができる。

 

英語が話せるようになることで、育った文化も言葉も違う人々と交流することができる。これは生きて行く上で最高のエンターテイメントだと思う。

 

そう考えると、フィリピンの最大の魅力はマンツーマン授業だが、マンツーマンでなくてもいい。グループレッスンの方が英語を楽しめる。マンツーマンで学費が高いところよりもグループレッスンで安い方がいい。

 

フィリピンも留学先としては魅力だが、日本資本の学校は日本人ばかり、韓国資本の学校は韓国人ばかりというのは自分にとっては物足りない。コストメリットが薄まれば留学の候補地からは外れてしまう。

 

ということで最近はタイのチェンマイの語学学校や、ヨーロピアンの若い学生が集まるイタリアのマルタ島や、南アフリカのケープタウンの語学学校に滞在することを考えている。まぁ語学学校に通わないといけないわけではないのだが。

 

フィリピン以外の留学先を体験してみたい。

 

英語を学ぶことだけを目的にするのならスカイプを使ったオンライン英会話でも十分に要件を満たせる。

 

オンラインレッスンの「レアジョブ英会話」

 

 

実は今度「ITx英語」留学に授業料タダで体験してきます

www.eyasu2008.com

 

国内で仕事をしながら英語を「楽に」上達する方法

www.eyasu2008.com