セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

シャアハウスの生活が楽しすぎるという話

投資関連の特化ブログを書き始めてから、こっちのブログがますます雑記ぽくなってしまいましたが。。特化ブログの方はお金を稼ぐために真面目にマネタイズしています。

 

東京に移動してから本当に楽しい時間を過ごしています。

 

どうやら私の場合、生活が充実しているとお金を使わなくなるようです。

 

平日はコーヒーを買ってあとはお金を使いません。朝昼晩も家に帰ってご飯を食べます。休みの日は、カフェにいき1杯のコーヒー(300円)で本を読んだりブログを書いたり、あとはランチ(700円)を食べてスポーツジム(400円)にいきます。帰りに食材と週末に家で飲むお酒(2000円)を買って帰ります。

 

前は1週間分の食材を週末にまとめ買いするため、使いきれる量しか買わずいつも同じものを買っていましたが、今はいつでも近くにあるスーパーに行けるため色んな食材を買うようになりました。仕事が忙しくなって食材が使い切れなかったり、足りなくなったりすることもなく、自由に調整できます。

 

以前よりも食生活が良くなりました。

 

またお酒を飲む量も劇的に減りました。外にお酒を飲みに行かなくても、シェアハウスのハウスメイトがいるため十分楽しめます。先週のトータルの出費を確認したら7000円、今週も6000円程度におさまりそうです。今まで地方に住んでいたときの、外食費はなんだったんだろうという感じです。。

 

週末の土曜に外に飲みに行ったら多いときで1〜2万円くらい使っていました。週のトータルの出費は平均して2万円くらいです。

 

友人に誘われて外に飲みにいかなければ、一ヶ月の生活費は2万5000円くらいにおさまりそうです。

 

地方にいたときはほとんど知り合いが増えることはなく、毎日同じルーチンの中で生活していましたが、今は新しい出会いがたくさんあります。

 

中でもフランス人の女性の方と仲良くなりました。

 

平日のランチもたまに一緒に料理を作って食べ、夜はほぼ毎日一緒でそのあと色んな話をします。昨日は家に帰ったら魚料理を作って待ってくれてました。

 

22歳と年齢も若いのですが、かなりの優等生でフランスの大手企業に勤め1年目で日本に仕事をしにきています。日本に住む前は中国の大学に2年間、中国後もスペイン語も英語も話せます、日本語はまだ勉強中ですが、勉強して半年程度とは思えないくらいそこそこ話せます。

 

勉強好きですがインテリ系という感じは一切ありません。日本語と英語混じりで話していますが、あと半年もすれば日本語だけで会話してそうな感じです。

 

日本人がアジアを超えてヨーロッパに働くケースというのは多くないように、ヨーロピアがアジアの大学に通って、アジアで働くというのもかなりレアです。もちろん旅行や短期留学では数え切れないほどたくさんいますが。

 

それだけ西洋と東洋にはまだまだ違いがあります。ヨーロッパの先進国が安い労働力を求めるのは東欧諸国、アジアの先進国が安い労働力を求めるのはアジア諸国です。そのため西洋から東洋、東洋から西洋へ渡るケースというのはあまり多くはありません。

 

学生で中国に2年間というのもなかなかすごい経歴です。一回り近く年齢が離れていますが、話していると教養があるのがわかり、ついつい話を聞き入ってしまいます。

 

やっぱりよく話題にあがるのは、日本人は働きすぎだということ。

 

他のサラリーマンに比べて家に帰るのはだいぶ早い方ですが、それでも8時に帰ると遅いと言われます。。たしかに、この時間に帰るとシャワーを浴びてご飯を作って食べ終わり一息つくころには、それだけで9時半になります。あと1時間もゆっくりすればあとは寝るだけです。これだと働くために生きているようなものですね。

 

地方にいたときに比べて、新しい出会いがありとても充実しています。今月は、日本人とアメリカ人、タイ人の女性の方が新しいハウスメイトとして加わります。

 

これに加えてお金を使わなくなったというのもかなり有難いことです。もしかしたら地方にいたときよりも出費が減るかもしれません。収入は決して多くはないのですが、もしかしたら年間200万円の貯蓄というのも現実になりそうです。