セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

人生初の株主総会に参加してみた

 

先日、ふとしたことがきっかけで働いている会社の株主総会に参加しました。

 

株主といっても上場している企業ではないので、株を持っているのは会社の役員と一部の従業員だけです。
→わたしは持っていません

 

決算の内容を知ってびっくりしたのですが、本年度は利益が倍になりました。
→厳密に純利益ではないと思われますが

 

投資をしていないと会社の利益が倍になったと聞いても、あーそうなんだくらいにしか思いません。実際に同僚とその話をしてもあまり食いついてくれません。まぁ会社の仕組みとして、利益が倍になっても従業員の年収が大きく変わるわけではないので、そんなものなのかもしれません。

 

しかし投資をしていると、会社の利益が倍ってものすごいことです。株価が大きく上昇します、株価が倍になってもおかしくないくらいインパクトがあります。

 

たぶん本年度の役員の収入は1.5倍くらいになったんじゃないでしょうか。うらやましい話です。

 

株主総会に参加して思ったことは3つです、①会社って1年後ですらどうなるか予想できない、②やっぱり空売りはやらない方がいい、③組織はトップの人間次第だなということです。

 

 

会社ってどうなるかわからない

 

いろいろ話を聞いていて、やっぱり会社って何がおきるかわからないなーって改めて思いました。自分が働いている会社ですらどうなるか予想できないのに、働いたこともなく社員の顔すら知らない企業の業績を予想するって不可能ですね。決算書を見ただけで。

 

勤めている会社はいくつか事業部がありそれぞれが独立して収益を計算しています。今回はそのうちのひとつ、海外の部が昨年の3倍の売上高、経常利益が20%以上、ということで昨年の全体の利益と同じ金額を叩き出しました。その結果、会社全体で2倍の利益です。

 

株主からみたら笑いが止まらないのではないでしょうか。

 

空売りはやっぱり辞めよう

 

株の売買には空売りというのがありますが、やっぱり空売りは絶対にしない方がいいなと思いました。

 

空売りとは:
証券会社から株を借りて売却し、その株が値下がりした時点で買い戻す事で利益を得る投資方法

 

株価は上がるか下がるかの2択しかないので、空売りでも儲けることができた方が効率良くお金を増やせると考えるかもしれません。たしかにその通りといえばその通りなんですが、どうしてもしっくりしないところがあります。

 

会社はたいがい事業部ごとに分かれていて、それぞれの部署に優秀な人がいて、数値上は独立して会社の利益をあげようとしています。その人たちは常に利益をあげようと必死に頑張っているわけです。

 

たとえ今利益が出ていなかったとしても、なにかがきっかけで突然業績が上向く可能性があります。利益が出ている時ももっと利益を出そうと頑張っています。

 

それをわざわざ流れに逆らって、利益が下がる方に賭けるメリットってあるのかなと思います。

→流れに逆らうやり方はどうしても好きにはなれません

 

利益を下げようとしている人が一定数以上いるのなら、空売りは理に適っていますが、そうでなければリスクの方が大きいように思います。

 

組織って結局はトップ次第で変わる

 

部署によって利益を出しているとこ、毎年のように赤字の部があります。トップの話を聞いているとやっぱり毎年赤字を出すにはちゃんとした理由があるなと思いました。

 

ある部署は毎年利益を増やし続け、従業員の作業時間を減らしています。
ある部署は毎年赤字を計上し、従業員の作業時間を増やしています。

 

同じ企業とは思えないほど差がクッキリと分かれています。

 

良くも悪くもやっぱりトップの実力次第で組織はいくらでも変わるんだなと思いました。赤字を出し続けるというのは、客観的に自己分析ができていない、間違ったやり方をいつまでもやり続けることが原因です。

 

最近どうやったらブログで稼ぐことができるのかなーと色々と勉強していますが、大切なことは以下の3つです。営業とかマーケティングの仕事をしている方は自然と身につくのかもしれませんが、技術職の仕事をしているとこういう分野にうといです。

 

①自分の強みがわかっているか
②ターゲットが明確に絞れているか
③市場にニーズがあるか

 

赤字を計上しているトップはやっぱりこの辺がかなりあいまいです。逆に利益を出すところは端からみてもはっきりと意識している事がわかります。

 

この3つを明確にしないまま走り続けるとどんどん迷走していきます。結局たどり着く先は以下の2つの道しかありません。

 

①ニーズがないものを作り続けて、それを自分たちの都合で必死に売り込もうとする
②利益が出ないところまで単価を下げ続けてやっとで仕事をとってくる

 

結果、従業員のモチベーションも下がり、残業して働いても働いても利益が出ず、疲れて切った人から会社を去っていきます。

 

最後に

 

自分の会社の株主総会に出てみてやっぱり面白かったです。

 

持ち株の株主総会はまだ一度も参加したことがあります。今年こそは是非行ってみたいなと思いました。