サラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

株式投資を始めて3年、資産500万円突破しました

久しぶりにお金についての話題です。

 

株式投資を始めて3年、ついに500万円を突破することができました。

 

世の中にはすごい人がたくさんいるので、あまり自慢できることではありませんが、めちゃくちゃうれしいです。

 

世の中にはお金は大事じゃないという人がたくさんいますが、わたしはそんなことないと思っています。お金はただの数値にしか過ぎませんが、お金が増えていくのを見ることほど楽しい事はありません。不思議な魔力があります。

 

このお金が自分を自由にしてくれる切符のようなものです。

 

500万円までの道のり

 

2013年、130万円
2014年、236万円(年比+80%)
2015年、362万円(年比+53%)
2016年、520万円 → 予想

 

2014年に+100万円、+130万円、+160万円と徐々に上げ幅が大きくなっています。会社の給料が増えたのと、投資の資金が大きくなってきたおかげです。

 

2016年は、年始のチャイナショックと、イギリスのEU離脱と、一時270万円まで資産が下がりましたが、その後は上昇に転じ、一気に260万も増加してくれました。

 

保有する4銘柄がすべてプラスに転じました。中には人生初の買い値の倍になった銘柄もあります。

 

嬉しい反面、上げ下げが大きかったので、かなりハードな一年でした。今年はマイナスで着地するだろうと思っていただけに、嬉しい誤算です。

 

なぜこんなに上がったのかよくわかっていませんが、ラッキーだったという他ありません。自分の実力やテクニックとかのおかげではないです。

 

金融市場が暴落したら、再び200万円代まで下がるかもしれません。そうなってもいいようにキャッシュを温存したいのと、ディフェンシブ銘柄にもシフトしていきたいところです。

 

20代の頃の間違った戦略

 

20代のころはずっと間違った戦略を取っていました。

 

支出を減らすよりも、収入を増やす事ばかり考えていました。貯金がなくても、自分の能力があがれば収入は黙っていても増えていくだろうと過信していたからです。

 

しかし現実は自分が思っていたよりも何倍も厳しいモノです。収入が大きく増えることはなく、いつまで経っても資産が増えることはありませんでした。

 

サラリーマンは皆、同じように働き、同じように本業の仕事で長時間労働をしているため、この仕事で差別化を図ることはなかなか難しいです。会社は不思議と同じくらいの能力の方が集まります。

 

凡人の自分が、右肩上がりで給料を増やしていくのは難しいなという結論に達しました。


また、給料が上がったとしても、税負担も増加していくため、割に合わない作業でもあります。この状況では、真面目に働けば働くほど、単位時間当たりの収入は減ってしまいます。

 

転機になったのは27歳で再び株式投資を始めてからです。会社の仕事とは一旦距離を置き、大量に投資の本を買い漁り、お金持ちになるのはどういう人か研究を始めました。

 

人生とは不思議なもので、仕事を必要以上に頑張らなくなってから、会社の収入も右肩上がりで上がっていきました。わたしの場合、頑張らないの方が結果に結びつきやすいのかもしれません。

 

投資について学んだ結果、収入は多いに越したことはないですが、資産形成するにあたっては、それほど重要ではないことに気付きます。それよりも大事なのは、お金を節約し、然るべき場所に然るべきタイミングでお金を置くことです。

 

手取り収入20万円を30万円に増やすよりも、支出を20万円から10万円にした方が、即効性が高く、誰にでも簡単に実践できます。得られる効果はまったく同じですが、後者の方が達成するハードルが断然低いです。

 

実際に若くして資産を築いているブロガーの方を見ても、工場勤務、ボーナスなしでもムダ使いしない生活を続けていれば、30歳でも1000万円、2000万円と資産を増やすことに成功している方はたくさんいます。

 

彼らの考え方、生活スタイルはとてもシンプルです。彼らに比べて、わたしはまだまだムダな出費が多いなと感じています。

 

面白いなと思うのが、給料が高い人ほどシンプルな生活が実現できず、消費が増え資産を増やしていくことができていません。


今後の目標

 

金融危機などで、資産は再び減少する可能性はあります。しかし、基本的に長期投資をしていると、資産は黙っていても増加していきます。金融危機は資産を大きく増やす、ボーナス期でもあります。

 

予想することにあまり意味はありませんが、このままサラリーマンを続けていくと、2017年は700万円、2018年は900万円、2019年には1000万円を超えてきます。

 

当面の目標は、月に10万円手元にお金を残すことです。これさえ守れていれば、数千万円の資産を突破することは、決して難しくありません。

 

問題はサラリーマンを辞めたあとも、月に10万手元に残るかどうかです。

 

当分達成できる見込みはないですが、気長にサラリーマンを続けて資産を増やしていくのも決して悪い選択ではないと思っています。

 

仕事とプライベートを楽しみながら、次のステージにステップアップしていきたいと思っています。