セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

「インターネットビジネスマニフェスト」を読んで、サラリーマンが成功できない理由を考える

f:id:eyasu2008:20161225082107p:plain

 

「インターネットビジネス マニフェスト」
リッチ・シェフレン

 

最近、ダイレクト出版という出版会社の本を読むようにしています。少し高いですが、良質な本が手に入ります。

 

普通の出版会社の本は、本屋さんやAmazonに売られていますが、ダイレクト出版の本は自社のホームページと宣伝だけという、かなり変わった手法を取っています。

 

まだ読んでいる最中ですが、とても勉強になります。どうして長時間労働はダメなのか、どうしてビジネスを始める大半の方が成功できないのか、どうしてブログやアフェリエイトでは途中で諦めるのか。

 

答えはとてもシンプルでした。

 

わたしたちは子どもの頃から間違った教育を受けて育っています。そのため、正しい知識というのをしっかりと身に付けなければいけないなと感じました。

 

チャンス追求型は必ず失敗する

 

情報が爆発的に増えてしまったため、多くの人が混乱しています。もうけ話に飛びついては、次から次へと手当たり次第に実行していきます。長時間パソコンの前に座って働き、結果として先細りします。戦略がないまま、必要ないことに多くの時間を費やし、望むような結果を得ることができません。

 

リッチシェフレンは、これを「チャンス追求型」といいます。チャンス追求型の対は、「戦略型」です。

 

当たり前といえば当たり前の話ですね。投資の世界で、戦略なしに手当たり次第に感情的に投資をして成功している人を見たことがありません。ネットビジネスでも仕事でも、成功するためには、戦略が必要になります。

 

一生懸命に頑張っても誰もが成功できるわけではない

 

「才能とは心の問題であり、誰でも一生懸命努力すれば望むものが手に入る」

 

サラリーマンの多くの方が罠にはまっています、これは間違った答えです。努力よりも大切なのは、自分の「強み」を生かすことです。子供の頃に学校や家庭で、一生懸命がんばれば、なんでもできると教わってきましたが、現実は違います。

 

自分が得意な分野で勝負するからこそ、有利な立場に立ち、少ない時間で大きな利益を手にすることができます。考えれば考えるほど、とてもシンプルです。

 

ピーター・ドラッカーは、
「大半の人は、自分の強みを知らない。
 彼らに聞いてみると、ぽかーんとするか、
 自分の知っている知識を答える。
 それは間違った答えである。」 

 

サラリーマンの転職市場がまさにこれです。

 

大半の人は、人生の目的が何かを理解するたもの時間をとったことがない。そのために、彼らは他人から機会が与えられると、それについていく。

 

まさに日本のサラリーマンのことを表しています。

 

本書を読むことで、たとえ残業代が出たとしても、なぜ会社で長時間労働がだめなのか理解できました。強みではないことをいくら続けたとしても、時間ばかり消費して大きなリターンを得ることができないからです。

 

まだ途中ですが、今年読んだ本の中でいちばん面白かったです。

 

もう少しで年末年始ですが、今年は1週間しか休みがありません。できる限り読書に時間を使いたいと思います。

 

www.eyasu2008.com

 

www.eyasu2008.com