サラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

アメリカFRB1年ぶりの金利引き上げ0.75%へ

市場の予想通り、アメリカFRBは0.25%の利上げを発表しました。金利は0.5%から0.75%に推移したことになります。

 

最近、仕事が忙しくなったせいで、経済に関するニュースをチェックできないでいましたが、円安も進んでいて、いつのまにか118円まで上昇していました。

 

来年の利上げ計画についても発表しています。2017年は、1年で3回の利上げを予想しています。

 

計画通りに進めば、2017年の12月には1.5%になります。

 

問題は計画通りに利上げが実行できるのか?とういことです。

 

利上げが計画通りに実行できるということは、アメリカの経済が好調ということを意味します。たしかに先進国の中では一番好調なのはわかりますが、どちらかというとわたしは懐疑的です。

 

2016年の予想は4回だった

 

こんかい12月にようやく1年ぶりの利上げを実施しましたが、そもそも2015年12月に「2016年は年4回程度利上げを行う」と言及しています。

 

結局、2016年に利上げしたのは、たったの1回です。

 

イエレン議長は、適切な金利は現行の金利よりもやや高い水準にあると判断しています。これは現行の金利が適正値よりも低いことを示唆しています。

 

アメリカの長期金利は、現在2.6%まで上昇しています。

金利上昇でアメリカ経済がどうなるかは、今後も注視する必要があります。


過去の政策金利動向のまとめ

 

2015年3月18日
据え置き 経済見通しが弱気なため

2015年4月29日
据え置き 4月はない、6月に実施する

2015年6月17日
据え置き ギリシャについて懸念

2015年7月29日
据え置き 経済活動は緩やかに拡大

2015年9月17日
据え置き 上海株の暴落のため

2015年10月28日
据え置き 12月利上げの可能性を言及

2015年12月16日
★「0.25%?0.5%」の利上げを発表
2016年は年4回程度利上げについて言及

2016年1月26日
据え置き 世界的な経済・金融情勢を見守る

2016年3月15日
据え置き 12月の年4回利上げが2回に引き下げ

2016年4月26日
据え置き 世界経済のリスクを中止する必要がある

2016年6月14日
据え置き 英国民投票が米経済を妨げ、金融市場を混乱させる

2016年7月26日
据え置き 英EU離脱決定で不透明感が後退した

2016年9月20日
据え置き 利上げを正当化するさらなる証拠を待つ

2016年11月1日
据え置き

 

2016年12月13日
★0.25%引き上げ
2017年の金利引き上げを3回と予想