セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

株式投資で成功するために重要な3つのこと

 

株式投資を始めてから、約3年が経過しました。

 

投資の勉強を始めると、経済や会計、哲学、歴史など奥が深すぎて、まだまだ分からない事だらけです。

 

しかし、これらの知識はある方が有利ですが、投資の世界で儲けるために必ず必要というわけでもありません。

 

知識があればお金儲けができるなら、大学教授や経済学者は皆お金持ちになっています。投資の世界で儲けるためには、複雑な戦略や理論が役に立つわけではありません。

 

わたしは、以下3つのことを特に気をつけて投資をしています。

 

 

収入額に支出額を追従させない

 

お金を増やすためには、収入に見合った生活をする必要があります。

 

当たり前のように聞こえますが、多くの方が守ることができていません。300万円の年収の人は300万円の生活をし、年収が400万円になると400万円の生活をします。


年収1000万円の収入を得ていても、1000万円の生活水準をしてしまうため、手元にお金が残らないという人も少なくありません。

 

社会人10年目のサラリーマンで、社会人1年目の頃と同じ生活水準で生活している人はどれくらいいるでしょうか。ほぼいないと思います。

 

1年目の頃より、高い家賃、高い車、高いスーツ、高い時計、高いレストランを利用する方が大半です。

 

クレジットカード、自動車や住宅のローンは、収入に見合わない支出額を一気に上げてしまう可能性があります。

 

これは未来の自分に負債を背負わせる行為です。

 

年収の上げ下げが大きい芸能人やスポーツ選手を見ていればよくわかりますが、生活水準を一度上げてしまうと、その後の人生で転落する可能性が非常に大きくなります。

 

少ない年収から、月収を数百万円稼いでしまうようになると、人は数百万円の生活をしてしまいます。生活水準を上げるのは一瞬ですが、一度あげた生活水準を下げるのは、とても難しいです。

 

結果、前の生活水準に下げることができず、収入が下がった途端に一瞬で転落していきます。

 

投資の世界で成功するためには、収入が月に20万円になろうが、30万円になろうが、同じ生活水準を保つことが重要です。


ひと晩でお金持ちになろうとしないこと

 

投資というものは、非常に怖いもので、投資家の財産を一瞬で消し去ってしまうほど威力があります。

 

主婦が夫婦で積み立てていた1000万円を、一晩のうちに全部消えてしまったとか、老後の資産のために退職金3000万円を投資したら、1000万円になったとか、本当によく聞く話です。

 

こういう話を聞き、やっぱり投資は怖いものだと思い近づかない人もたくさんいます。

 

たしかに投資がこのような一面があることは否定できません。しかし、本当にこわいのは、投資ではなく、人間の欲深さです。

 

普通に投資をしていれば、1000万円の資産がひと晩のうちに消えてしまう可能性は、ほぼありません。

 

信用取引(借金)でレバレッジの何倍ものお金を賭けて取引きをするからです。ひと晩のうちに資産が2~3倍になるか、それともすべてのお金を失う賭けをする人まで出てきます。

 

人間の欲は恐ろしいもので、あとから考えれば、どうしてそういうことをしたんだろうと思う事でも、お金を前にすると冷静でいられなくなります。

 

ひと晩でお金持ちになろうとせず、ゆっくりと資産は増やしていけば、自然とお金持ちになることができます。

 

よくわからないときは何もしないこと

 

何もしなくていいというのは、個人投資家の一番の武器だと思っています。

 

顧客の資産を管理するプロの機関投資家と違って、個人投資家の場合は、常に何かをする必要はまったくありません。

 

お金を損しても、損をした理由を誰かに説明する理由もないし、リスクの高い銘柄を購入するために、説明する必要もありません。

 

この先市場がどう動くのかわからないとき、日経平均の1日のボラティリティが大きく市場が不安定なときなどは、何もせず市場を傍観すればいいだけです。

 

難しく考えて、決断を下す必要はありません。

 

長い間投資をしていると、思うように株価が上がらず資産が減っていくときもあります。そんなときは、自分の銘柄を見直してみて、手を変える必要がないと判断したら、市場のことは忘れて、本業の仕事に熱中するという選択肢を取ることもできます。

 

手に自信がなければ、すべて一旦手仕舞いするのもありです。

 

プロの投資家は、365日に結果を求められる世界ですが、個人投資家は違います。

 

最後に

 

投資を始めてまだ3年しか経っておらず、まだまだわからないことだらけですが、経済や会計の知識よりも、投資哲学の方が重要なんじゃないのかなと思っています。

 

これらのことを守ってきたおかげで、まだ市場から退場することはなく、着々と資産を増やしていることに成功しています。投資による利益は非常に少ないですが、大事なのは資産を減らさず、着々と増やしていく事です。