サラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

30歳プログラマー、フリーランスとして生きる道を探す理由

 

社会人として働き始めて今年で8年目になります。

 

30歳、物価の安い地方に住んで年収440万円程度。

 

今の生活にそれほど不満はないですが、満足できていない自分がいます。

 

満足できない理由は、会社に縛られた生活をしていて自由な時間が少ないから、クリエイティブな仕事ができないからの2つです。

 

会社員を続けたままだと、どれだけ一生懸命仕事をしても、経済的自由を得ることはあり得ません。

 

会社の仕事を頑張れば頑張るほど、精神的に貧乏になっていきます。

 

20代の頃は、それなりに仕事に情熱を持って頑張ることができましたが、この生活は長くは続けられないなという気持ちが強くなる一方です。

 

週休4日制の生活が手に入るなら、会社からの給料は半分以下でもいいと思っているくらいです。

 

 

サラリーマンでは経済的自由は手に入らない

 

途上国から戻って日本で仕事をするようになってから、以前と比べて金銭的な面で生活はだいぶ裕福になりました。

 

昔はお金を貯める事よりも、人生経験を豊かにするためにお金を使った方がいいと思っていたので、貯金はほとんどありませんでした。

 

週末や連休があると近隣の国にバックパックひとつでよく旅行してました。

 

3年程前から日本で働くようになってからは、お金を貯めることを重点に置いています。


日本に帰国してからは、収入と資産は右肩上がりに上昇しています。

 

年収、金融資産
1年目、320万円、130万円
2年目、370万円、230万円
3年目、410万円、360万円
4年目、440万円、400万円

 

今の生活を続けていくだけでも、それなりに給料も増え、投資で金融資産を増やし、今の延長線上で考えても、それほど悪くない生活を続けていく事が出来ます。

 

プログラマーという仕事は自分に向いている気がするし、英語も仕事でアウトプットできるレベルまで上げることができました。

 

それでもサラリーマンとして仕事をしていると、やはりどこかで満足できない自分がいます。

 

日本で仕事しようが、海外で仕事をしようが、自分で稼ぐ能力がなければ、経済的な独立は一生実現することができません。

 

社会人を8年間も続けると、ある程度人生設計ができ、サラリーマンとしての限界が見えてくる頃でもあります。

 

週末に投資の勉強をしていると、やはり平日でもこれを続けたいなという欲求に駆られます。

 

週末にもプログラムの勉強をしたくないのであれば、それは天職ではないのかもしれません。

 

海外でプログラムの仕事がしたいと夢中になる時期もありましたが、一旦目標を達成すると道を失ってしまったのも事実です。

 

ブログで生計を立てるという選択肢

 

ブログを書くようになり半年ほど経ちましたが、この道で稼ぐ事ができたら会社に縛られる生活からは遠くなります。

 

投資の事をアウトプットする機会も増え、インプットすることが余計楽しくなりました。この道を究めたいという思いは、強くなる一方です。

 

言われたことをするだけの会社の仕事とは、180度違う世界です。

 

自分で考えて行動し、結果がすべて自分に返ってきます。

 

会社の仕事は自分が頑張らなくても、まわりが頑張ってくれればある程度リターンがあるというメリットがある反面、どれだけ頑張っても見返りが少ないというデメリットが常に付きまといます。

 

こういうタイプの仕事で長い間モチベーションを保つためには、余程会社の仕事が好きではないと成り立たないのではないかと思っています。

 

年間で100万円を超えるボーナスはやはり魅力的だけど、これに頼ってしまうと自分で考える思考が停止してしまいます。

 

ボーナスはサラリーマンにとって麻薬のような側面を持ちます。

 

www.eyasu2008.com


今までは、ブログに慣れるためマネタイズとか意識せずに、書き続けてきましたが、そろそろこの道で成功している先任者から情報を集めて、本格的に勉強していこうと思っています。

 

プログラムも投資も成功者から学ぶ

 

どの分野でもそうですが、その道で成功するためには、すでに成功している人の方法を学ぶことが一番の近道です。

 

プログラムの仕事でもイチからコードを書くことはほとんどありません。フレームワークやすでにある技術を利用して、コードをカスタマイズして開発していきます。

 

その方が何倍も効率が良いし、バグも少なくなるからです。

 

プログラムの世界で仕事が遅い人は、イチからコードを創ろうする人たちです。逆に仕事が早い人は、手を止めることなく既存のコードを流用して、次から次に実際に自分の手で動かしカスタマイズしていきます。

 

センスのいい人であれば、短時間でそこそこの完成度の高いものを作り上げてきます。

 

投資の世界でも同じです。

 

イチから投資の手法や理論を学ぶ投資家は、ほとんどいません。

 

自分の考えにあった成功者から、書籍やネットなどを利用し多くの事を学びます。その後は自分流のやり方に落とし込んでいくだけです。

 

成功者から学ばない人は、いつまで経っても投資で儲けることはできません。自分の頭で考えずに、人のやり方を真似るだけでも、成功はできませんが。

 

ブログも成功者から学ぶ

 

ブログの世界でも同じことが言えます。

 

成功している人とそうでない人では、明らかに違いがあります。

 

成功者は成功する理由がありますが、成功できない人はいつまで経っても同じやり方を繰り返します。

 

何も考えずに記事を量産していくだけでは、何年経っても成功することはできません。サラリーマンが何年サラリーマンを続けても成功できないのと一緒です。

 

ブログを半年間続けることができたので、成功者から情報を集めて、そろそろ次のステップに進んでいこうと思います。

 

2000円と他の書籍に比べて値段が高いですが、さっそく一冊購入しました。ネットの世界で一番重要なのは、マーケティング能力です。

 

  

ブログはゼロ円から始められるため、他の副業に比べて参入障壁が各段に低く、常に競争過多の世界です。戦略なしに成功することは、まずありえません。

 

投資という観点でいえば、こういう業界に投資するのは賢い選択ではありません。

 

しかし、一度この世界で成功すれば、パソコンとネットさえがあればどこにいてもお金を稼げるという最大のメリットがあります。

 

しないことリスト

 

30歳を超えてくると人生を逆算的に考えるようになります。

 

人生において時間は限られているため、やりたくないことに無駄な時間を消費したくないという気持ちが強くなります。

 

逆に車や住宅など年収いっぱいの多額のローンを組んで、やりたくないことを諦める側の人間に別れます。

 

わたしが一番やりたくないのは、サラリーマンの生活です。

 

同じ場所に毎日出勤し、朝から晩まで働くこと。サラリーマンの生活をしていると、住みたい場所を自分で選ぶ権利さえありません。

 

わたしは好奇心が強いタイプの人間で、同じ場所に3年も4年も住んでいると変化を求めるようになります。

 

会社員を続けることを選択してしまうと、下手すると30年同じ場所に縛られることになります。

 

会社員を辞めてやりたくないことを考えようと見つからないという人もいそうですが、したくないことを考えると、自然と自分がやりたいことも見えてきます。

 

考えた末に何もやりたくないのであれば、それがやりたいことです。

 

やりたくないことに縛られるか、やりたいことができるかどうかは、経済的自由になれるかどうかが比重を占めます。

 

経済的自由を手に入れるために、しないといけないことはそれほど多くはありません。

 

投資をして資産を増やすか、不動産投資をして家賃収入を得るか、不労所得を得るかの3つだけです。