セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

アメリカ大統領選挙、2009年にオバマ大統領がやったこと

 

トランプ大統領が就任した場合、どのような金融市場の政策をするのか投資家としてとても興味があります。

 

トランプ氏は明らかに低金利による金融市場のバブルを認識しています。そして、それを批判する数少ない政治家です。

 

大統領に就任したら、FRBのイエレン議長を解任するとまで言っています。

 

トランプ氏はバブルの頂点で政権を取ることになります。バブルが崩壊してから大統領に就任したオバマとは状況が違います。

 

バブルを発生させてしまった以上、バブルはいずれ崩壊します。過去に幾度もバブルを発生させては崩壊を繰り返してきた歴史があります。

 

金融市場はまやかしだと批判する経済人に近い政治家が政権を持った場合、どのような政策を行うのでしょうか。

 

バブル崩壊の悪影響を最小限に抑えることができるのか、金融機関の救済など一切行わずに破綻させるのか、バブルが崩壊するとわかっていながら引き締めるのか、などなどイベントが目白押しです。

 

 

オバマ大統領が2009年にやったこと

 

オバマ大統領はリーマンショックから世界を救ったと評されるなど高い評価を得ています。

 

本当にそうでしょうか、アメリカ政府に大量の借金を積み増し、問題を先送りにしただけのように思います。借金のツケはいずれ誰かが支払います。

 

オバマ大統領に就任したのは2009年1月です。

 

2008年9月にリーマンブラザーズが経営破綻し、同年秋から本格的な景気後退が始まった翌年です。アメリカ経済は不況に突入し、100年に一度と言われる厳しい不況の最中に登場したのがオバマ政権です。

 

オバマ大統領は当時多くのアメリカ国民に支持されていました。

 

大統領就任1カ月で景気対策法案を可決し、戦後最高額となる7870億ドル(78兆円)の予算を組み、金融機関の救済、公共事業の拡大、住宅購入者支援などを行いました。

 

アメリカは世界に先駆けて、大量に紙幣を発行し市場にバラまきます。2008〜10年に行ったQE1では1兆7250億ドル、2010〜11年で行ったQE2は6000億ドルです。

 

そして、2009年1月に付けたNYダウ株価6627ドルは、右肩上がりに回復し7年後に歴史的高値18500ドルまで高騰します。

 

これを単純にオバマ大統領の成果として評価していいのでしょうか。

 

オバマ大統領は借金を増やしただけ

 

オバマ大統領がやったことは市場に紙幣をばら撒いて、ばら撒いた紙幣が株式市場に流れただけです。

 

オバマが大統領に就任してからアメリカ政府の債務は急激に膨れ上がっています。2008年に10.7兆ドルだった債務は、2016年に20兆円まで増えています。わずか8年で過去の借金の倍を積み上げています。

 

政府が民間の銀行や住宅破産者を救済することは反対です。救済するときに使われるお金はすべて、国民の税金だからです。政府の借金が積み上がれば、国民にツケが回ってきます。まわりまわって所得税、住民税、消費税の増税が必ず行われます。

 

影響が大きくて金融機関を潰せないのなら、それは大きすぎただけの話です。過度にリスクをとって取引し、破綻するような事態を招いたにもかかわらず、どうしてそのリスクを国民が負担するのでしょうか。

 

倒産の危機に見舞われた米保険大手AIGは、公的資金で救済されました。そしてAIGは幹部社員418人に合計1億6500万ドルのボーナスを支払いました。支給額の最高は650万ドルです。

 

リスクを取るのが好きな金融機関とはそういうものです。

 

オバマ大統領は、サププライローンで苦しむ国民の負担を軽減する救済も行いました。家を持つことができない低所得者が土地の価値があがると思い、リスクをとって住宅を購入した結果破産します。どうしてこの人たちのために、国民の税金が投入されるのでしょうか。

 

トランプ氏がアメリカ国民に支持される理由

 

トランプ氏はこうしたアメリカ政府の政策を強烈に批判しています。

 

リーマンショックから8年が経過し、国民の感情にも大きな変化が訪れている気がします。トランプ氏を支持する中産階級は、オバマ大統領が彼らの生活を救ったとは思っていません。

 

税金や物価の上昇で、むしろ生活コストが跳ねあがり、以前よりも苦しくなっています。

 

多くの州の低所得者層は、時給15ドルでは生活が成り立たないといいます。

 

これ以上移民を受け入れたくないのは、これ以上自分たちの仕事を奪われたくないからです。

 

アメリカ国民は、もう世界中に配置する基地を撤回したがっています。軍事費のためにこれ以上税金を払いたくないからです。

 

アメリカ国民は、貿易に関税をかけたがっています。自分たちに製品が競争力を持たないことを知っています。

 

アメリカ国民はオバマ大統領に多くのことを期待しました。しかし借金を積み上げるだけの金融政策には、もういい加減うんざりしています。トランプ氏が支持される理由は、こうしたオバマ政権の期待の裏返しです。

 

オバマ大統領が残した負の遺産をトランプ氏はどう処理するのでしょうか。