セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

不労所得とはお金を生み出す仕組みを作ること

 

不労所得を得ることができなければ、時間もお金がない一生貧乏な生活を送ることになります。

 

不労所得を得るということはお金を得る仕組みを作ることです。つまりサラリーマンは仕組み作りができなければ一生貧乏人のままであるということを理解する必要があります。

 

 

 

不労所得には4つの方法がある

 

生活費を稼ぐためだけなら、会社から毎月もらう給料だけでも生活できます。しかし労働時間を犠牲にして給料を得る方法に頼っていると一生お金に困った生活をします。

 

賢い人は仕組みを作りに時間を使い、金銭的にも時間にも自由になっていきます。仕組みさえできたらどこに居るかは重要ではなくなってきます。

 

海外に1年間滞在したり、日本を一周したり、好きな時に好きな場所にいき、自分が好きなタイミングで仕事をします。会社の人間関係にストレスを感じることもありません。突然転勤を言い渡されて好きでもない場所に引っ越す必要もありません。

 

不労所得を得るというとそれほど選択肢は多くありません。たいていは以下4つの方法に集約されます。

 

・ビジネスを立ち上げる
・不動産投資
・株式や商品投資
・ブログなどネットビジネス

 

ビジネスの立ち上げは、努力以上に才能や運を必要とします。死ぬほど努力したからといって必ず成功できるわけではありません。

 

不動産投資は数百〜数千万円の初期費用が必要になります。経験がない状態で始めて失敗してしまうと、時間のロスが大きいです。

 

平凡なサラリーマンであればやはり会社員を続けながら株式投資などで資産運用し、着実に資産形成をしていくことです。その経験や知識をブログなどでアウトプットすればより効果があります。

 

これらは特別な才能も資金も必要ないため今すぐにでも始められます。不労所得を得られるようになるまでに時間がかかりますが、それでも多くの人にとってもっとも実現する可能性が高い戦略です。

 

今の日本社会のように経済が成長せず税金が毎年あがり、これだけ厳しい環境下で普通に生活しているだけでは絶対にお金持ちになれません。貧乏人はより貧乏に、お金持ちはよりお金持ちになる社会です。

 

不労所得といえば株式投資

 

株式投資の世界で成功すると労働時間という概念がなくなります。月になにもしなくても100万円儲かるときもあるし、株式をもっているだけで配当金がもらえるようになります。100万円資産があるときに10%値上がりすれば10万円ですが、1000万円あれば100万円、1億円あれば1000万円資産が増えます。

 

株の世界で成功するためには、それほど賢さは求められません。時間と理性が味方すればお金は黙っていても増えていきます。100万円資産があるときも、1000万円資産があるときも難易度は変わりません。必要なのは理性だけです。

 

会社員の給料であれば、多少は前後しますが1時間どれだけ働いても固定のままです。10年間がんばって働いてももらえる金額はたいして変わりません。多くのサラリーマンの場合、30代か40代前半をピークに下がっていきます。社会保障の増加で常に重力がかかっています。

 

不労所得といえばブログ

 

得られる収入は決して多くはないですが、ブログも不労所得になります。ブログも株式投資と同じように時間が味方してくれます。ネット上で知名度があがると安定してお金を稼いでくれるようになります。

 

サラリーマンは基本的に会社にいる対価として給料をもらいますが、ブログ収入は寝ているとき、お酒を飲んでいるとき、旅行しているときなどなにもしていない時間も収入が生まれます。

 

1番のメリットはどこにいてもパソコンとインタネットさえあればお金を稼ぐことができる点です。現代ではブログだけを本業にして生活している人がいるほどです。

 

不労所得とは仕組み作り

 

不労所得を得るということは、つまりお金を稼ぐ仕組みをつくることです。この仕組みを作る作業がとっても大変です。1年や2年でできるような簡単なことではありません。人によっては10年たっても作れない可能性もあります。

 

簡単にできるものであれば、サラリーマンで生計を立てる人はいなくなります。この仕組みができないからこそ多くの人は、会社の奴隷になってサラリーマンを続けています。

 

目標をもってひとつのことを数年間やり続けるというのはとても大変な作業です。運動や英語の勉強など続けようと思っても大概の人は3ヶ月以内でやめてしまいます。

 

まずは途中で立ち止まらずに続けることを目標にする必要があります。