セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

サラリーマンの人生がつまらないと思ったとき

 

多くの人が当たり前のようにサラリーマンとして生きる事を選択していますが、最近こうした価値観に大きな変化が表れているように感じます。

 

働くために生きているのか、生きるために働いているのかなど、若い世代であればあるほど疑問を持っている人はたくさんいます。

 

最近でも、電通で働く20代女性が過労死として認定されました。

www.eyasu2008.com

 

仕事に命を落としてまで働く価値はあるのでしょうか。

 

 

サラリーマンという人生はつまらない

 

毎日同じ時間に大量のサラリーマンが通勤電車に揺られ、朝から疲弊してようやく会社に着き、夜遅くまで仕事をする。

 

長い不況で給料は右肩上がりに成長しない、むしろ税金が増えた分生活はより厳しくなるばかりです。

 

こんな変化のない毎日はつまらないと考える人が増えるのも納得できます。頑張った見返りが小さくなるのであれば、人々が疑問を持つようになるのは当たり前の話です。

 

ひとむかし前であれば、それでも頑張って続ければ会社の給料は増え、買えるモノが増えるのである程度満足できる人は満足できます。定年まで勤めれば企業から退職金ももらえます。

 

しかし、現代では多くの企業が労働者にお金を払う余裕はなくなりました。


逆にいうとこれは有難いことでもあります。今の生活に不満を持つ機会が増えれば、人はなんとか今の生活を変えようと努力することを始めます。

 

現状に疑問を持たなければ人生は一生そのままだからです。

 

現代はインターネットのおかげで、図書館まで行かなくても誰でも瞬時に情報を手にすることができます。ネット上に成功者の体験談は腐るほどあります。

 

個人投資家は証券会社の営業マンを介さずに誰でも投資をはじめることができます。インターネットのおかげで手数料も大きく値下がりしました。

 

黙って椅子に座っている人には希望がありませんが、自発的に現状を打開しようと思う人にとって、チャンスは無限に転がっています。

 

たとえスモールビジネスであってもネットという媒介を通じて世界に発信するチャンスがあります。出版社に駆け込まなくても、自分の作品を世の中に公開できます。

 

初めの一歩の障壁が小さくなった分、競争者が溢れかえるようにもなりました。しかし、自分のやりたいことに情熱を持ち、没頭することができたなら成功はそれほど難しくないのかもしれません。

 

必要以上に多くのことを望まなければ、好きな事を仕事にして最低限の生活ができれば、サラリーマンのようにやりたくない仕事を押し付けられることもなく、十分に満足した人生を送ることができるのではないでしょうか。

 

サラリーマンという価値観は変わりつつある

 

すでにサラリーマンとして生きる事が幸せだと考える人は少数派になりつつあります。

サラリーマンは安定が代名詞になっていますが、安定だと考えるバカ正直者はほぼいないのではないでしょうか。

 

これからも雇用形態は非正規社員が増えることが簡単に予想できます。一部の有名大学を除いて大卒の価値は年々薄くなっています。

 

この価値観の変化に気付いている人はそれほど多くはありません。

 

大学まで卒業しても非正規の仕事に就く人は半数を超えてくるかもしれません。

 

また、大企業のリストラも増えていく事が予想できます。昔から中小企業のリストラは当たり前のように行われてきましたが、次のリーマンショック級の大恐慌が発生したら、多くの大企業も社員の雇用を守れなくなります。

 

労働者は追い出し部屋という場所があるだけまだましで、それすらもなくなってしまうかもしれません。

 

国会の場では正規社員をもっと辞めやすくしようという議論はすでに始まっています。この方が雇用市場に流動化が進み社会的に合理的なので、この考えを否定するのは非常に難しいです。

 

変化に対応する適応力が求められる時代

 

いつの時代もそうですが、変化に対応する適応力が求められます。サラリーマンとして一定の収入を毎月得る仕事をしていると、変化に適応する力は弱くなっていきます。

 

変化を好む人にとっては面白い人生が待っている分、好まない人にとってはひとつの箱でしか生きられない退屈な人生しか待ち受けていません。

 

誰もがサラリーマンから次のステージへ進む力が求められます。そのためには柔軟に物事を考え、どこにいてもインターネットを通じてお金を稼げる能力を身に付ける必要があります。

 

プログラマーとして成功する道を選ぶのであれば、常に情報収集してマーケティングを身に付け自分でプラットフォームを創れる能力、上流工程で設計できるだけのプロフェッショナルな能力が必要になります。

 

投資家として成功する道を選ぶのであれば、投資の勉強をすると同時に情報をアウトプットする能力も身に付ける必要があります。

 

情報はインプットするだけでは価値はなくて、アウトプットしたときに初めて価値があります。

 

収入源をサラリーマン一本で考えるのではなく、いつサラリーマンの仕事がいつなくなってもいいように複数から収入を得る方法を身に付ける必要があります。

 

サラリーマンは椅子に座って会社から言われた仕事をしているようだと、いつ収入がなくなってもおかしくない状況にいると気付くべきです。

 

自分の将来は自分で考える

 

日本経済が右肩上がりに成長しない状況に不満を漏らしても、現状は一向に解決しません。社会が変わることを待つよりも自分を変える方が何倍も楽です。

 

自分の将来がどうあるべきかは、自分自身で考える必要があります。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 割安株へ