セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

年収と手取りの関係 1000万円の手取り年収は731万円

 

年収と税金を引いた後の手取り年収を計算してみました。

 

年収200万円の人は税金を36万円しか負担していませんが、年収1000万円の人は268万円負担しています。

 

年収1000万円稼ぐサラリーマンは全体の5%程度しかいません。

 

 

年収と手取りと税金の関係

 

年収、手取額、税金
200万円、163.8万円、36.2万円
300万円、242.1万円、57.9万円
400万円、319.9万円、80.1万円
500万円、395.1万円、104.9万円
600万円、468.7万円、131.3万円
700万円、535.5万円、164.5万円
800万円、600.8万円、199.2万円
900万円、666.0万円、234.0万円
1000万円、731.2万円、268.8万円
1100万円、795.1万円、304.9万円
1200万円、857.2万円、342.8万円
1300万円、918.8万円、381.2万円
2000万円、1300〜万円、700万円
3000万円、1800〜万円、1200万円

 

自営業者は経費を使って課税所得を減らす

 

課税所得が1800万円を超えると最高税率50%が適用されます。課税所得に占める税率の割合は50%に近づくように設計されています。

 

課税所得1800万円を超える高額所得者の場合、100万円稼ぐたびに50万円を税金として持って行かれます。

 

しかし実際には所得控除があるため、実効税率はもう少し低くなります。家族が多ければ多いほど控除額が大きくなるため有利です、サラリーマンは独身者が一番損をします。

 

税金は累進課税と所得控除によって不公平にできています、一部の人が集中的に負担しています。

 

だからこそ、儲かっている自営業者は経費を使って課税所得を減らします。脱サラした自営業者が急激にリッチになっていくのには理由があります。

 

自営業者のように経費を使えないサラリーマンは圧倒的に不利です。