サラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

英語が喋れると年収が高くなるというウソ TOEIC900点で年収が939万円?

 

ある英語留学を斡旋する企業ののホームページでこんな情報を見つけました。

 

「英語力と収入の関係、TOEIC点数900-960点の男性の年収は939万円」

 

近年のグローバル化、ボーダレス化により企業における英語の必要性が高まり、英語力が貴重な存在として扱われ、年収の格差を広げるチャンスになっているようです。

 

英語さえ身に付ければ今の時代、高収入が得られる?らしいです。

 

わたしの感覚でいうと、中途半端に英語を習おうとする人ほど余計貧困になります。

 

自己責任の世界なので基本的には騙される方が悪いですが、あまりにもサービスを提供する側に都合のいい情報を発信しているのをみると、気分が悪くなります。

 

判断能力が弱い高齢者に、高額の投資信託を売りつけようとする悪徳営業マンを見ているような気分です。

 

 

TOEIC900点で年収が939万円になる?

 

ホームページの情報によると、この調査はTOEICの点数と年収の相関を約1000人のビジネスマンを対象に行った調査です。

 

TOEIC点数、男性年収、女性年収
960-990点、891万円、647万円
900-960点、939万円、475万円
860-900点、930万円、517万円
800-860点、854万円、494万円
760-800点、855万円、439万円
760点未満、720万円、439万円

 

これを見て会社を辞めて英語留学しようと思うサラリーマンもどうかと思いますが、留学を勧めるプロたち、「留学カウンセラー」が平然とこういう情報を発信するのもどうかと思います。

 

調査対象はどこの企業を対象にしたのでしょうか?

 

予め英語が必要な商社や、外資系金融、外資系IT企業を対象にしたわけじゃないですよね。

 

TOEIC点数760点未満でさえ平均年収が720万円あります。

 

現在のサラリーマンの平均年収は414万円ですが、おかしくないですか。

 

この調査結果をみて、男女いずれとも英語ができるグループの平均年収は、200万円程度高いと結論づけています。

 

ビジネススキルがないサラリーマンが英語を習うとより貧困になる

 

ハッキリ言ってコアなビジネススキルが無いサラリーマンが、中途半端に英語を勉強しても年収は上がりません。

 

英語ができるだけで年収が200万円アップするなら、連日語学学校に人が殺到します。駅前留学も潰れるわけがありません。

 

現状そうなっていないのは、ビジネスの世界がそれほど単純ではないからです。

 

留学やワーホリから帰ってきても、大半の人は派遣やフリーターで働きます。英語を使う仕事を探せば探すほど、収入は減ります。

 

留学カウンセラーもそのことをわかった上で、留学を進めています。

 

彼らは自分たちの収益を伸ばすためにワーホリと英語留学をセットに考えています。

 

ワーホリに行く人の大半は語学留学に関心があるし、ワーホリに行ったあと語学学校に戻る人もいるため、リピーター率が非常に高いからです。

 

最終的にワーホリは年齢制限があるので、年齢制限がくるか手持ちのお金がソコをつきると日本に帰ります。

 

20代のビジネススキルを身に付ける貴重な時間を、こういう生活をしているのを見るとかわいそうになります。

 

将来家族を養う必要がある男性であればなおさらです。

 

お金使って旅行に行くんだからワーホリや語学留学が楽しいのは当たり前

 

30歳過ぎてビジネススキルがなく、英語が話せますレベルだと当然ながら仕事はありません。たとえ英語が流暢にできたとしても、ビジネススキルがなければたいした給料も得られません。

 

日本語が下手なネイティブを探した方が早いし安上がりだからです。

 

30過ぎて派遣として働けるのも良い方で、大半が無職かフリーターです。さらに年齢を重ねて派遣ですら働けなると、資格を取って介護職に流れます。

 

やりたいことをやるのは自由ですが、ワーホリや長期留学に行って良かったと思うのは日本に帰って数年経つまでです。

 

最高の思い出を作ることができたとか、最高に楽しかったという人は多いですが、働かないでお金を使って海外旅行してきたので楽しくて当たり前です。

 

ディズニーランドに行って楽しかったと語るのと同じ感覚です。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 割安株へ