セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

残業代を出す企業がブラック 無能な社員に月15万円も払いますか?

 

ブラック企業という言葉が流行っています。

 

ブラック企業=残業代がでないと考える人は多いですが、大した収益をあげていない会社が残業代を出す方がブラック企業です。

 

そういう企業に勤めているなら、はやく転職を考えた方がいいです。

 

残業代を出し労働時間あたりの対価を求める類の仕事は、将来ロボットに置き換わる可能性が高いからです。

 

 

ブラック企業とは

 

辞書を引くとブラック企業は以下のように定義されています。

 

「労働者を酷使・選別し、使い捨てにする企業。度を超えた長時間労働やノルマを課し、耐え抜いた者だけを引き上げ、らくご者に対しては、業務とは無関係な研修やパワハラ、セクハラなどで肉体・精神を追い詰め、戦略的に「自主退職」へと追い込む。」

 

本当にこんなムダなことをしている企業があるのか?という疑問はあります、こんなことをして誰が得をするの不思議でなりません。

 

ブラック企業が生まれる背景は、派遣の仕事ばかりが増えてしまい、正社員として働きたくても働けない人が溢れ、労働環境が悪くても企業にしがみ付こうとするからだと理解しています。

 

派遣が増えたのは強欲な経営者が増えたのではなく、それだけ単純労働が多いことを表しています。その単純労働の仕事をするために、社員を雇っていると企業が生き残れないからです。

 

ブラック企業のような労働環境が悪い会社でしか働けないなら、割り切って派遣やパートなど非正規で働いた方がマシです。

 

非正規で働くメリットは、自分の都合のいい時間に働けるとういメリットがあります。

 

会社の奴隷である社員になりたいという、くだらない幻想を持っていると落とし穴にはまります。

 

正社員は税制面で自営業よりも圧倒的に不利で、必要以上に摂取されています。

 

残業代を出す企業は本当にホワイト企業?

 

ブラック企業かどうかは本人の考え方次第なので明確な定義はないですが、残業代が出るか出ないかで判断してしまうのはあまりにも安易です。

 

規模がそれほど大きくない中小企業かベンチャー企業で働くのであれば、たとえ同じ年収だったとしても残業代を出さない会社を選択すべきです。

 

残業代を出す企業が一概に良い会社だと決めつけるのは危険です。

 

ボランティアで企業が成り立っているわけではないので、残業代の出すところはすべて企業の利益からです。

 

残業代を出す企業は、仕事ができない無能な社員にまでムダなお金を払っていることになります。

 

大企業の場合は、給与のルールが明確に定められているし、上司や部署のトップで自由に給与を査定できないため、残業代を出す事が無難な選択になります。

 

また、中小企業やベンチャーと違って労働法を守らないリスクは非常に高いです。

 

無能な社員が残業すれば、1500万円の損失

 

残業代を出すという事は、仕事ができない社員にも一定以上のムダな賃金を払う事になるので、相対的に優秀なサラリーマンが受け取れる給与は減ります。

 

半分のアウトプットしかない無能な社員が、時給1500円で毎日5時間残業した場合、一か月で15万円になります。

 

このお金は賞与を払う前の会社の利益から払われます。100人社員がいて同じことをすれば1500万円の損失です。

 

これでは短い時間でアウトップが高い優秀な社員ほど損をします。まじめに働くのバカらしくなるので、意識するしないに関わらず自然とダラダラ仕事をします。

 

長い不況で収益を稼げず残業代を出す企業が減ってきたので、残業代を出す企業は学生に前面アピールします。

 

そういう企業は、本来であれば昇給額や手当に使われるお金が残業代にかわるため、残業代を抜かした基本給が総じて低く抑えられます。

 

20代のうちは遅くまで働いて残業代を稼いでそこそこ貰いますが、残業代が出ないときの給料が安すぎる、社員の大半の労働時間が異様に長い傾向にあるので、20後半から30手前で辞めていく傾向が強いです。

 

こういう情報は簡単に手に入ります。

 

離職率や社員一人当たり収益力、売上げに対する利益率など簡単な数値をみれば、すぐにわかります。

 

時間当たりの労働を求めると将来仕事がなくなる

 

目先の残業代が出る出ないよりも、こういう企業で一番危険なのは、経営者は単位時間あたりの仕事の対価を求めているとうい事実です。

 

100時間働いたら100時間のアウトプットがあり、200時間働いたら200時間のアウトプットがあるという考え方です。

 

こういうタイプの仕事の大半は、だれがやってもたいしてアウトプットが変わらず、大半が容易に置き換え可能な仕事の特徴です。

 

今の時代であれば派遣やアルバイトでも良いし、将来はロボットに置き換わる可能性が高いということです。

 

現時点で仕事があったとしても、5年後には消えている可能性があります。消えていなくても給料は変わらない、もしくはより安い労働者に置き換えられます。

 

残業代がでる、時間当たりのお金が出るからいい会社だと考えるのは安易です。

 

残業代を出さない、且つ悪質な会社の見分け方

 

会社を選ぶ際に絶対避けないといけない企業は、残業代がでないけど大半の社員が残業を強いる企業です。

 

そういう会社は、社員の能力が低く利益が出るほど収益力が無い、能力が低いため長時間労働しなければ会社の経営が成り立たないレベルです。

 

こういう会社を見極めるのは非常に簡単です。

 

面接で残業代が出るか出ないかを確認して、定時の時間にその企業に行き、どれだけの社員が定時に帰っているかを確認すればいいからです。

 

うちの会社は残業代が出していないです、皆定時に帰っていますとうい言葉は信用しない方がいいです。