サラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

6兆円稼ぐ投資家ですら間違えるなら凡人投資家は常に間違える ウェルズ・ファーゴ不正問題

 

世界中の投資家にショッキングなニュースが流れてきました。

 

バフェット銘柄のウェルズ・ファーゴが顧客の許可のないまま口座を開設したり、クレジットカードを発行していた事が発表されました。

 

ウェルズ・ファーゴは、バフェットが永久保有銘柄と認定するほどの超お気に入り銘柄です。

 

この教訓から学べる事は世界一の投資家でさえ間違えるということです。

 

世界一の投資家ですら間違えるのなら、凡人の投資家は常に間違えます。

 

個別銘柄で投資をしているとこういうリスクは常につきまといます。問題が厄介なのはいくら注意深く決算書を読み込んだところで、こういう事実は外の世界からでは一向にわからないことです。

 

どれだけ慎重に注意深く行動できたとしても、まきこまれる可能性があるということです。

 

 

クレジットカードを不正に56万枚も発行

 

不正に発行されたクレジットカードは56万枚を超えています。

 

不正の目的は行員が売り上げ目標を達成して賞与を得るためです。

 

ウェルズ・ファーゴは、この問題で過去数年の間に5300人の行員を解雇、顧客への損害賠償として500万ドル支払う事を決定しています。

 

解雇された行員は全体の2%弱です。

 

50人の1人の割合で従業員が不正をしていたことになります。おそらくほとんどの社員は、この問題を知っていたはずです。

 

会社の噂というのは社内に一瞬で広まるものです。

 

顧客の許可なくクレジットカードを作るほど大胆な方法を、1部の人間しかしらなかったわけがありません。

 

裏ワザをつかった成績優秀な営業マンが、得意げに多額の賞与を得る方法を飲みの場で説明していただろう姿が想像できます。

 

ただ、今回の事故でもバフェットはこの銘柄を手放さないと思います。

 

ウェルズ・ファーゴの2015年の純利益は288億ドル、対して支払った罰金は2億ドル以下です。

 

衝撃的なニュースのため風評被害は大きくなることは予想されますが、それでも業績にはほぼ影響はありません。

 

この悲観的なニュースで株価が暴落したなら、逆に買い増しするチャンスになります。

 

米CNN

米ウェルズ・ファーゴ、5300人懲戒解雇 不正口座開設で

 

バフェットは投資だけで6兆円超えの資産を築く

 

ウオーレン・バフェットは誰もがしる世界一の投資家です。2016年のForbesの億万長者ランキングで世界3位、6兆8000億円の資産を築いています。

 

株の売買を繰り返しているだけで、コカコーラを世界中に売っている創業者よりもお金持ちです。世界中に支店をもつユニクロの柳井正より、465倍お金持ちです。

 

バフェットがCEOを勤めるバークシャー・ハサウェイの株価は、約45年間で82万%以上上昇しました。

 

バフェットの投資法はシンプルです。

 

市場に割安に放置されている株を安値で買い長期保有、複利の効果を利用して再投資する。これだけです。

 

シンプルだからこそ、実践が難しく真似しようとしてもできません。バフェトは1986年に初めてアメリカ長者番付けにトップ10に入り、それ以降毎年ランクインしています。

 

つまり、30年以上バフェットを超える投資家が現れていない事になります。

 

バフェットの過去37年間の運用平均は22%です。

 

22%というとそれほど特別高いわけではありません、しかし、バフェットはこれを37年間続けることで資産を6兆円まで積み上げてます。

 

100万円の初期費用で投資をはじめたら、37年後には71億円のリターンを手にします。