サラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

英語が勉強してもできない人に共通する残念な思考

 

20代のときは仕事を辞めて短期留学したり、海外に働いた経験から英語を勉強する人に会う機会は多いです。

 

途中で挫折して英語の勉強自体を辞めてしまう人も多く見てきました。英語を一生懸命勉強しながら、なかなか話せるようになれずに苦労する人は多いです。

 

英語できない人の共通する理由を挙げてみました。

 

英語さえできれば仕事に困らないと思っている
英語ができれば高い収入が得られると思っている
海外にいけば英語が話せるようになると思っている
留学すれば劇的に英語ができると思っている
TOEICや英検で高得点とれば英語ができる
頭が固く柔軟性がない
習い事は順番通りにやらないと気が済まない
間違えるのが嫌いな人
プライドが高い人
完璧主義者な人

 


英語に幻想を抱いている人

 

英語さえできれば仕事に困らないと思っている
英語ができれば高い収入が得られると思っている

 

英語を過度に期待している人が多いです。

 

こういうタイプは英語ができると人生の仕事に関する問題を解決できると考え、英語が高収入を得る近道だと幻想を抱いています。

 

偏った情報を集めてくるので、勝手にハードルをあげて、習得できなかったとしてもしょうがないと諦めます。

 

今の仕事に不満を持っている人ほどこういう思考に陥りやすいです。英語ができれば仕事がたくさんあると考えています。

 

日本にくるネイティブの外国人に、英語ができれば仕事に困らないと本気でアドバイスする人もいます。

 

「海外=英語」と思考が単純な人

 

海外にいけば英語が話せるようになると思っている
留学すれば劇的に英語ができると思っている

 

海外=英語
だと勘違いしています。

 

日本の文化を比較する際に、よく海外ではとか欧米ではという言葉を使います。

 

日本の会社の問題点をあげると、海外では全然違うと言いますがどこの国と比較しているのかよくわからなかったりします。

 

海外といっても、アジアもあるしアフリカもあるし南米もあります。

 

英語を公用語に使う国は世界で一部しかありません。

 

また、英語を使う国も母国語の訛りがあるのでその国々で全然違います。

 

テストのスコアが好きでプライドがムダに高い人

 

TOEICや英検で高得点とれば英語ができる
頭が固く柔軟性がない
習い事は順番通りにやらないと気が済まない
間違えるのが嫌いな人
プライドが高い人
完璧主義者な人

 

サラリーマンは本当にTOEICや英検が大好きです。

 

テストのスコア=英語力
だと本気で勘違いしている人がいます。こういうタイプはものごとを柔軟性に考える能力が低いです。

 

TOEICの問題はスラスラと解けるのに、会話する場面にたつと、頭の中で文法とか余計なことを考えて一向に会話力が上達しないです。

 

プライドが高いというのも、英語習得では邪魔になります。

 

年齢があがると英語の習得が難しくなるのは、これが原因ではないかと思っています。

 

歳を重ね会社でもそこそこのポジションになってくると、人は間違いを指摘されるのが嫌になります。プライドが高く完璧主義者ほど話そうとしなくなります。

 

頭でごちゃごちゃ考えずになんでも話す人の方が英語は上達していきます。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 割安株へ