サラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

財政破綻寸前の日本の年金は将来貰えると思いますか?年金指数は25カ国中23位

 

日本の年金にどれくらい期待していますか?

 

日本の債務は1262兆円、GDP比249%を考えると、今の年金制度のままで問題ないと思う人はまずいないと思います。

 

わたしは日本政府は破綻するとは現実的に思っていませんが、30年後に将来もらえる年金は今の世代がもらっている半分以下、年収400万円でも税金の負担率は4割以上に増えると考えています。

 

そういう前提で将来設計をしています。

 

グローバル年金指数という興味深いランキングを見つけました。

 

それによると、日本は参加25カ国中なんと下から2番目の「23位」です。

 

ヨーロッパで財政問題を抱えているイタリアや中国よりも順位が低いし、日本より下は韓国とインドしかありません。

 

 

年金運用レベルは下から3番目

 

年金指数ランキング
01位、デンマーク、82.4
02位、オーストラリア、79.9
03位、オランダ、79.2
04位、フィンランド、74.3
05位、スイス、73.9
06位、スウェーデン、73.4
07位、カナダ、69.1
08位、チリ、68.2
09位、英国、67.6
10位、シンガポール、65.9
11位、ドイツ、62.2
12位、アイルランド、62.2
13位、米国、57.9
14位、フランス、57.5
15位、ポーランド、56.4
16位、南アフリカ、54.0
17位、オーストラリア、52.8
18位、ブラジル、52.4
19位、イタリア、49.6
20位、メキシコ、49.4
21位、中国、52、8
22位、インドネシア、45.3
23位、日本、44.4
24位、韓国、43.6
25位、インド、43.5

 

「グローバル年金指数ランキング(2014年度)」

 

北欧諸国は総じて順位が高い傾向にあります。

 

総合指数の基準は以下になります。

 

十分性
公的年金が老後の生活に十分なだけ支払われてるか

 

持続性
平均寿命と支給開始年齢の関係はよいか、国家の破綻のリスクがなく持続可能か

 

健全性
年金制度をうまく運用するための見直し機能や透明性が担保されているか

 

十分性は下から3番目です。
今の年金世代は十分にもらっていると思っていましたがどうやら違うようです。これから先にどんどん減額されていくのに、すでに下から3番目です。

 

持続性は下から5番目です。
政府の借金だけみたら、世界一なのでとうぜん国家の破綻リスクは他国より高くなります。支給開始年齢も妥当なわけがありません。

 

健全性も下から5番目です。
見直しは常にされていますが、それでも現状においついていないため、当然低いです。そして複雑な制度設計をみると当然、透明性も低いと判断されています。

 

途上国よりも低い年金の運用レベル

 

日本の年金については、元から楽観的にはみていませんでしたが、改めてヤバいなと感じました。

 

一度しかない人生の将来設計を政府や企業に任せるのではなく、やはり自分でなんとかした方がよさそうです。

 

途上国のチリや南アフリカ、ブラジル、メキシコよりも順位が低いってどういうことでしょうか。年金制度を設計している人たちはどういう感覚で運用しているのでしょうか。

 

GDPが世界第3位の年金の運用レベルがインド並みって逆にすごいです。

 

政治家の人気取りのために年金が不正に運用された

 

制度として成り立っていないなら、廃止にした方がよくないですか?将来あるかないかわからないものに毎月高い税金を払う必要あるんですか?

 

民間人を対象とした強制加入の年金制度は1889年に世界ではじめてドイツで生まれました。日本の民間向けに年金制度は1940年に誕生しました。

 

ということは、その前はなくても世の中が成り立っていたんですよね?

 

「年金は本当にもらえるのか?」の著者、鈴木亘氏によると今の年金が足りない理由は、政治家や官僚が年金積立金を人気取りのために無計画に使ったからだと述べています。

 

特に田中角栄が首相だった1970年代前半に始まった大判振る舞いは大規模で、当時の高齢者が受け取る年金額を、彼らが支払ってきた保険料をはるかにしのぐ水準に設定しました。

 

また、当時の勤労者の保険料も、彼らが老後に受け取る額を考えるとはるかに低い水準だと言います。

 

そして、1970年代の現役層は年金を受け取る高齢者です。高齢者が保有する金融資産は約800兆円と、全体の6割を超えています。

 

この著者は日本銀行に勤めていました。

 

今の20代、30代世代はもらえない前提で考えないといけないということでいいですよね?この場合悪いのは払わない側ではなくて、制度を作った側ですよね?