サラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

日本の年金支給開始年齢は70歳に引き上げらないと思いますか?

 

オーストラリアは年金の支給開始年齢を現在の65歳から70歳に引き上げると発表しました。2035年の制定を見込んでいます。

 

日本の債務残高は世界一位のGDP比249%です、財政問題を抱える日本も70歳に引き上げるのはどう考えても時間の問題でしょう。

 

日本経済新聞 

豪、年金受給開始を70歳に引き上げへ :日本経済新聞

 

 

各国の年金開始年齢事情

 

ドイツ65歳
2012年から2029年にかけて67歳へ引き上げ

 

イギリス男性65歳女性61歳
2020年から2046年にかけて68歳まで引き上げ

 

韓国60歳
段階的に引き上げて2033年に65歳

 

アメリカ66歳
2027年までに67歳

 

フランス60歳
2017年までに62歳

カナダ65歳

 

オーストラリア65歳
2035年に70歳

 

オランダ65歳
2023年までに67歳

 

スペイン65歳
2013年から2027年に67歳

 

アイルランド66歳
2028年に68歳

 

これをみて日本は10年後も年金支給開始年齢が65歳だと思う人はいるでしょうか?

 

政府は支給開始年齢を70歳にする気満々

 

社会保障制度改革推進会議で議長が、現在65歳の受給開始年齢を引き上げる可能性があると述べました。

 

60歳から65歳に引き上げられたのは2000年の制度改正の時です。2004年には、小泉政権が年金制度は100年安心といって、受給額2割カットと保険料3割アップを決めました。

 

2004年からまだ10年ちょっとしか経っていません。制度がもはや成り立ってないならないで失くしてくれた方が助かるのですが。。

 

日本政府は支給開始年齢を引き上げる気満々です。

 

高年齢者雇用安定法で、企業が65歳までの雇用を義務付けています。中小企業にはあまり関係ない話ですが。

 

過去に定年が55歳から60歳に引き上げられたときも、受給開始年齢が60歳から65歳まで引き上げられました。

 

60歳までサラリーマンとして働くのでさえ想像できないのに、65歳までってすごいですね。

 

65歳まで会社に縛られて税金を払うって考えただけでもめまいがしそうです。