セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

2016年はアメリカのハイテク関連株がいちばん危ない

 

9月9日金曜日、ニューヨーク株式市場が大きく値を下げました。久しぶりにダウが動いた印象です。

 

ダウ平均株価は394ドル下げて「2.1%」の下落です。ハイテク株が中心のナスダックは「2.54%」安です。

 

Yahoo ニュース
NYダウ急落、394ドル安 早期利上げ観測強まる

 

不動産、ITベンチャーに多額の資金が流れている

 

アメリカのIT関連の銘柄はバブルに近い状態だと思っています。ナスダックは現在「5100」前後で推移していますが、これは2000年のインターネットバブルの時と同じ水準です。

 

インターネットがより普及し、当時とは状況が大きく違うのは事実ですが、それでも十分に注意が必要なレベルです。

 

2008年以降、アメリカFRBの大規模な金融緩和でドル通貨を大量に発行し、その資金が不動産やITのベンチャー企業に大量に流れているからです。

 

アップルやIBM、フェイスブックなどの影響は小さいと思っていますが、こわいのはベンチャーなどの新興株です。

 

アメリカ政府は利上げのタイミングを見計らっています。経済の潮目が変わるのはいつも利上げです。

 

2008年のリーマンショック以降、表面上は世界の株式市場は回復しています。そしていくつかの大きなイベントがありましたが、金融市場を大きく揺るがすほどの大惨事になってはいません。

 

2010年のギリシャの債務危機
2014年ロシアとヨーロッパの対立、イスラム国台頭
2015年の原油価格暴落
2016年のチャイナショックとイギリスのEU離脱

 

それなりにインパクトの大きい事象がありましたが、それでも世界の株式市場は持ちこたえてきたことになります。

 

そう考えるとやはり次の経済危機の震源地もまたアメリカになるのかもしれません。リーマンショックのような大きな経済危機はいずれ必ずきます。

 

歴史的に最高値を記録しているアメリカがやはり一番インパクトが強そうです。

 

11月のアメリカ大統領選挙が危ない

 

ジム・ロジャーズ氏は最近のインタビューでもアメリカ経済の危機を警告しています。(実際にはいつもしていますが)

 

日経ビジネス
ジム・ロジャーズ氏「ロシアで農業を始めよ」

「米国政府は巨額の債務を抱え、幾つかの州の年金基金は実は破綻しています」
「米ドルは現在、最も良い通貨といえます、なぜなら投資家が他の通貨を買いたがらないからです」

 

アメリカは今年11月に大統領選挙という大きなイベントを控えています。選挙の結果は世界に大きな影響を与えます、暴落の引き金になるかもしれません。

 

ロジャーズ氏によると、ドナルド・トランプ候補が選ばれて、彼が主張する政策を進めたら、様々な破産や他国との戦争を引き起こすと語っています。

 

通貨発行によりインフレを発生させて、政府の政策で金利を強引に低く設定するということは、真面目に働いて貯蓄を励むひとの生活を破壊させます。

 

各国の政府と中央銀行は金融市場の秩序を破壊しようとしています。

 

秩序が守られないと生活が苦しくなった人々は救世主を求め、安易な答えを出すようになります。たとえそれが、トランプ氏のように過激でメチャクチャな発言をしても、それが自分たちを救ってくれると勘違いします。

 

サラリーマンは相変わらず危機管理が弱い

 

最近働いていて感じることですが、8年前のリーマンショック危機はほとんどのサラリーマンの頭の中からキレイサッパリ忘れ去られています。

 

危機とはこういう時に起こるんだなと常々思います。

 

2008、9年の状況があまりにも悪かったため、ほどんどの会社は右肩上がりに会社の売り上げを回復させています。その過程で多くのサラリーマンも毎年給料が上がることを疑わなくなりました。

 

たとえそれが、政府によって過剰にバラまれかれた紙幣によってもたらされていたとしても。

 

2008年の時のような不況が起きれば、中小企業の賞与は一瞬でカットされます。全体の4割まで増えた非正規社員の雇用も切られます。

 

サラリーマンの楽観的になりすぎている感がハンパないです。同僚と話していても来年はもっと給料が貰えると安易に考えています。

 

実際に世界の株価が暴落してから、企業の業績に影響が出るのはタイムラグがありますが、勤労所得の収入が下がることもそろそろ心配した方がいいのでは?と思ってしまいます。

 

リーマンショック影響でとつぜん賞与がゼロになった中小企業も多かったと思います。

 

個人的には大暴落が発生してくれた方が、割安で株を買うことができるので脱サラの時期が早まりますが。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 割安株へ