セミリタイアしたサラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

100人規模の会社で仕事ができない社員が残業すると「1億4千万円」の損失

すこし前にブラック企業という言葉が流行りました。

 

ブラック企業かどうかという明確な基準はないので、結局のところブラック企業かどうかは働く本人の気持ち次第です。

 

ブラック企業の言葉の意味を調べると

 

「労働者を酷使・選別し、使い捨てにする企業。度を超えた長時間労働やノルマを課し、耐え抜いた者だけを引き上げ、らくご者に対しては、業務とは無関係な研修やパワハラ、セクハラなどで肉体・精神を追い詰め、戦略的に「自主退職」へと追い込む。」

 

とあります。

 

これだけみると、雇用主にも雇用される側にも何のメリットもないので、どうしてこんな企業が存在するのか理解に苦しみます。

 

これが本当なら、自分がブラック企業だと思うならさっさと辞めればいいだけです。ブラック企業だと思いながら、そこに留まろうとするので話がややこしくなります。

 

働いてくれる労働者がいなければ、その企業が成り立たないので自然とこういう企業は淘汰されていくだけです。

 

 

能力が低いサラリーマンほどブラック企業と対立する

 

自称ブラック企業に勤めている人は、残業代が出ない事を理由にブラック企業だという人がいますが、残業代がでるかでないかで判断するのが正しいかはちょっと疑問です。

 

例えば、設立間もないITのベンチャー企業なんかは、資金がないので社員に残業代が出ないのは当たり前です。残業代をださないと成り立たないのであれば、新しい技術や革新的なサービスは生まれないです。

 

働いている社員も、収入が少なくてもやりたいことをやれているのであれば、比較的不満は少ないはずです。

 

アニメや漫画を制作している会社だと、プロになりきれない作家たちは、少ない給料でも雇ってもらえていること自体に感謝しています。

 

自分が満足できないと思うのであれば、辞めればいいだけです。いやいや働きながら、労働局にかけこんでブラック企業と争う時間とひまがあるなら、他の事に労力を使うべきです。

 

仕事の能力が低い、やりたいことがない、不満はたくさんあるという人に限って、ブラック企業とムダな対立をしているように見えます。

 

残業代を月に「12万円」払う企業の弊害とは?

 

ブラック企業かどうかは別にして、個人的には残業代を出さない方が良い会社だと思っています。

 

労働時間に対して賃金を求める人は、貧乏人の考え方で成長できないからです。

 

転職先の企業を選択するときに業務内容以外で重視するのは、売上げよりも営業利益、従業員一人あたりの利益です。これだけ見れば、どれだけ優秀な会社かたいていわかります。

 

残業代を出す企業より出さない企業を選択するべきです。残業代を出すという事は、仕事ができない社員にも一定以上のムダな賃金を払う事になるので、相対的に優秀なサラリーマンが受け取れる給与は減ります。

 

残業代を「1500円」支払う企業があって、月に4時間残業、20日働いたとすると、残業したサラリーマンは、月に「12万円」の残業代を手にします。残業代から税金分(20%)を差し引くと、手取り20万円もらっているサラリーマンは、月に「29万6千円」の給料を受け取ります。

 

これだけ聞くと、多くの人は残業代を出す企業の方がいいと考えるかもしれません。

 

仕事ができる優秀なサラリーマンが、たくさん働いて会社の売り上げをあげてくれるならいいですが、問題はたいして利益をあげていない8割以上のサラリーマンも残業代を手にすることです。

 

たとえば、自分より半分のアウトプットしかない同僚が月に「12万円」貰う、入社したばかりで仕事を覚えていない若手社員が貰う、残業代を貰うためにダラダラ仕事をしている社員が同じ金額を貰っても平気ですか?

 

ITの中小業界で100人の従業員がいると、年間の売り上げはだいたい10億円程度に落ち着きます。この規模のIT企業は、クライアントと人月単位でエンジニアを計算するためこの金額に落ち着きます。

 

100人の社員が毎月「12万円」の残業代を貰った場合、年間のコストは残業代だけで「1億4000万円」まで膨らみます。

 

売上高から「20%」の利益をだせば十分優良企業ですが、残業代だけで「14%」も取られれば、賞与に割り当てるお金がなくなってしまいます。

 

経営者からみて、会社に残ってほしいのは上位2割の優秀な社員です。できない社員の2~3倍の賞与を出してでも会社に残ってほしいと思っています。しかし、全社員に残業代を払ってしまうと、仕事ができない社員にムダなお金を払うことになります。

 

成功者は時間に縛られないため青天井で収入が増えていく

 

定時で帰ることを前提にしているので、残業代が出ない方が有難いと思っています。残業代が出たとしても、早く帰ることを選択します。

 

もし自分の能力に関係なく、他の外的要因で帰ることができないのであれば、自分に合っていないと思い転職を考えます。

 

労働時間あたりの賃金を求める人は、工事現場や農業など肉体労働をしている職業のタイプです。こういう仕事の考え方をしていると、もらえる給与の上限は決まってきます。

 

また、総じて時間当たりの単価も低い傾向にあります。

 

頭を使って仕事をする場合、時間当たりの賃金の方が重要になってきます。さらに仕事で成功している職業、例えば、投資家、作家、クリエイターは時間にとらわれない方法で収入を得るため、青天井で収入が増えていきます。