サラリーマン投資家
2017年夏にセミリタイアし、海外と日本のデュアルライフを目指します

株式投資③ 株式投資で成功するためにはメンタルを鍛える

[1] 株式投資は儲けようとするのではなく損をなくす作業
[2] 株式投資で成功するための投資戦略を考える
[3] 株式投資で成功するためにはメンタルを鍛える
[4] 銀行員が進める投資信託の商品は買わない
[5] 銀行員が進める分配型投資信託の商品は買わない

 

投資の世界で成功するために一番重要なことは、メンタルだと思っています。
あるアスリートの言葉で、プロの世界までくると技術的には大きな差がなくて、高いパフォーマンスを常に発揮するためのメンタルで差がつく、という話が印象的でした。

 

重要な試合の前ほどテンションがあがって眠れなくなり、大会前の準備に失敗しコンディションを崩して本番でパフォーマンスを発揮できないというのは、プロの世界でよく聞く話です。プロで通用する為の高い技術は勿論必要ですが、普段の生活から事前に準備して過度のプレッシャーやストレスをうまくコントロールできる選手が活躍する世界です。常に一定以上のパフォーマンスを保つというのは、プロ選手でさえ難しいというのがよくわかります。

 

プロの世界までいくと、一部の特殊な選手を除くと、ある程度技術は均衡してしまい、差がつくのは常に高いパフォーマンスを出せるかどうかが重要になるからです。

 

投資でも同じことが言えます。いくら優れた投資ルールを確立したとしても、それを冷静に実践できる精神力がなければ、儲けることは不可能です。これは言うのは簡単ですが、実際に実行するのは非常に難しい事です。お金がからんでしまうと、人はどうしても冷静になれず感情的に行動してしまうからです。

 

お金をかけない投資のマネーゲームでは勝てるけど、実際の投資の世界では8割の人が負ける理由がここにあります。1日に数百万失っても冷静でいられるのは、本当に少数派です。逆に成功する人は、数百万円失っても構わないという気持ちで投資することによって、不測の事態でも常に冷静に行動する事ができます。いくらまで損を許容できるかは、その投資家の経済状況や精神の強さに大きく依存します。なんとなくで賭けをしていると、不測の事態に対応できなくなります。

 

この違いは、日頃から意識的に心理状態を安定しようとしているかどうかで大きく影響すると思っています。私の場合安定しているかどうかは、毎日良く眠れているかどうかで判断します。もしも眠れていないようであれば、資産に比べてリスクが大きく取りすぎていないか、投資ルールは本当に正しいのか、仕事で問題がおきていないかなど、ストレスになっている原因を深く考えるようにしています。

 

それでも眠れないのであれば、一度すべての持ち株を手仕舞うことにしています。投資は自分の健康を損ねてまでやる必要はないと考えているからです。株を持つことによって精神が落ち着かないのであれば、やらない方がましです。

 

株は常に予想外の動きをします。短期的にみると何万人の人が利益を求めて、感情的に動いた結果が株価に反映されるからです。自分の予想と反した動きをした時に、一喜一憂しているようだと、メンタルが強いとはいえません。

 

メンタルが弱い投資家は、いつも株価が気になって何をしても株の事が頭から離れなくなってしまいます。負けている時は財産が失う恐怖心、儲けている時は儲けを失うかもしれないという恐怖で頭がいっぱいになります。そうなると夜も眠れなくなって、仕事や普段の生活にも影響してしまいます。

 

不測の事態でも冷静に判断するためには、日頃から安定した精神状態でいる必要があります。株でお金を儲けて稼ぐことで安定しようとすると、お金を失った時の恐怖心から逃れることができなくなります。金融危機のような市場が不安定な状況でも合理的な判断ができる投資家は、大きな利益を上げることができるはずです。

 

投資の世界だけでなくても、仕事や人生で行き詰まっている時には必ず精神的な問題を抱えています。普段から質の良い睡眠をとって精神が安定している人は、難しい仕事の時でも常に冷静に判断ができ一定の高いパフォーマンスを出しているはずです。